« 「炎 アンサンディ」関連でまた受賞。 | トップページ | 「初春大歌舞伎」(夜の部)を観る »

2015.01.11

「初春大歌舞伎」(昼の部)を観る

「初春大歌舞伎」(昼の部)を観る

「初春大歌舞伎」(昼の部)を観る

「初春大歌舞伎」(昼の部)を観る

今年最初の歌舞伎座です。
写真には写りませんでしたが、正面に大きな門松があり、入った所に
凧や餅花をあしらった正月らしい飾り付けがありました。

昼の部はまず若手による「金閣寺」
染五郎さんの大膳、七之助くんの幸姫、勘九郎くんの藤吉、笑也さんの直信。
いやホントに若い。
キレイだけど、やはり歌舞伎座のハコの威力、セットのパワーには勝てない
感じで、最後まで小ぶりな印象でした。
次が「蜘蛛の拍子舞」
勘九郎/七之助兄弟は2演目連続登場。
特に勘九郎さんはどちらも生締の役柄でちょっと見え方に違いが薄くて
損したかも。
これはつまりは「土蜘蛛」ですが、玉三郎さんの美しさと、豹変ぶりを楽しむ
作品。
玉三郎さんは以前、「振袖始」だか「茨木」だかで、初めて青隈引いて
現れた時には「女形なのに〜」と随分びっくりしましたが、今回も慣れた
とは言え、どなた様?なほどシッカリ隈で別人、でした。

楽しかったのは巨大蜘蛛役者さんで、手足を使って見得も切るし、器用に
階段登り降りするし、かなりの達者な役者さんがなさっているとお見受け
しました。
最後に染五郎さん演じる坂田金時が登場しましたが、顔の印象がどちらかと
言うとパパより吉右衛門さん似でびっくりしつつ、大きな役者ぶりに感心
しました。

最後の「一本刀〜」は苦手なジャンルなのでパス。

|

« 「炎 アンサンディ」関連でまた受賞。 | トップページ | 「初春大歌舞伎」(夜の部)を観る »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「炎 アンサンディ」関連でまた受賞。 | トップページ | 「初春大歌舞伎」(夜の部)を観る »