« 「大槻能楽堂自主公演能 新春公演」を観る | トップページ | 美味な新作(期間限定)ポテト@ファーストキッチン »

2015.01.06

「四代目中村鴈治郎襲名披露 壽初春大歌舞伎」(昼の部)を観る

「四代目中村鴈治郎襲名披露 壽初春大歌舞伎」(昼の部)を観る

「四代目中村鴈治郎襲名披露 壽初春大歌舞伎」(昼の部)を観る

大阪松竹座
今年の歌舞伎観劇は大阪から。

実は鴈治郎さんのファンでもないのですが、仁左衛門さんがなさる
「河内山」と、橋之助さんが工藤、愛之助さんが五郎と言う「対面曽我」
見たさで伺う。
上方歌舞伎の名跡の襲名なのでもう少し盛り上がっているかと思ったの
ですが、3階には空席も目立ちました。
平日だからもありますが、ここまで空いている状況は余り東京の劇場では
見ません。
しかも隣同士の上演中私語はテレビ見てるのかレベルに多いし、大向う
さんが上手い割には、観客のお行儀はよろしくないですね。

「対面」は橋之助さんの工藤は勿論ですが、最近すっかりオトナになった
国生くんが2ヶ月連続で関西の舞台に出演、この演目にも八幡?で出て
いましたが、声が良くなってきました。
吉弥さんの虎はちょっと方向性が違うのではと予想してましたが、きっちり
隙なく虎、でした。
また、朝比奈で亀鶴さんが出演されてましたが、こちらも声良し。
五郎十郎はやや愛之助さんの五郎が力みすぎでしたが、扇雀さんの十郎
とのバランスが良く何よりでした。

次が襲名演目の「吉田屋」
私はこの演目は上方の役者さんのが本流の筈が、なぜか先代の勘三郎さん
(現・勘九郎祖父)のが一番印象に残っていて、どうもそれ以外は、大抵
途中で眠気が来るパターン。
今回も炬燵ジャンプ以降パッタリで、気づけば愛之助さんの番頭が出て
ました(苦笑)

最後が「河内山」
大阪のど真ん中で聞く、すかっとした江戸前の黙阿弥さんの七五調啖呵。
それこそ「吉田屋」で紙子着て出てくる役もなさる仁左衛門さんが、
見事に聞かせて下さいました。

「吉田屋」で寝ていたら、何のための襲名公演観劇か、なんですが、個人
的には十分楽しませて頂きました。

|

« 「大槻能楽堂自主公演能 新春公演」を観る | トップページ | 美味な新作(期間限定)ポテト@ファーストキッチン »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「大槻能楽堂自主公演能 新春公演」を観る | トップページ | 美味な新作(期間限定)ポテト@ファーストキッチン »