« 正月の大阪へ | トップページ | 「花燃ゆ」初回 »

2015.01.04

「真田丸」史跡へ行く

「真田丸」史跡へ行く

「真田丸」史跡へ行く

「真田丸」史跡へ行く

「真田丸」史跡へ行く

予定までに時間があり、せっかくなので、来年大河の舞台にもなる
「真田丸」の史跡見学に、玉造へ行ってみました。

真田幸村(どうやら存命時は信繁が通名だったとか)さんは現時点、私の
中では(舞台見てないけど)上川さんが一番しっくりきてますが、キャストが
早くも気になります
(当然、また秀吉/家康は登場するわけですしね)

三谷さんモノですから、どうしても「新選組!」とキャスト被る気はしますが。
で、「真田丸」史跡ですが、まず、三光神社境内に銅像と六文銭をあしらった
オブジェ?と、足元には写真に撮りませんでしたが、「幸村の抜け穴跡」も
(城跡には良くある)
また、同じ高台(丸、と言うだけに一帯のみ凄い高台です)の反対側の
「心眼寺」と言うお寺の入口には、門扉に六文銭のロゴ(笑)があしらわれ、
石段脇には「真田幸村出丸城跡」石碑と、中に去年新しくしたと言う
(タイミング良すぎ)幸村の墓がありました

丁度正月に放送していたNHKの「地形の凸凹」関連番組と、「ぶらタモリ」の
再放送でもやっていましたが、こう言う段差、高低と言うのは、意外に
ビルを建てても大きくは変わらず、昔の地形の痕跡が残るものだそうで、
また、周辺の地名が「空堀町」など歴史が残っていて、私の学生時代の
専門に近い事でもあり、ワクワクしました

どちらの寺社も今日は近辺の方らしい参拝者ばかりでしたが、来年は観光名所に
なっているのかも知れません。

|

« 正月の大阪へ | トップページ | 「花燃ゆ」初回 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正月の大阪へ | トップページ | 「花燃ゆ」初回 »