« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015.06.27

「東海道四谷怪談」を観る

新国立劇場。
内野さん伊右衛門、秋山さんお岩、「エドワード二世」の森さん演出。
期待しない訳に行かない顔ぶれの割には、既出新聞評が辛い辛い(笑)
ちょっと覚悟して出かけましたが、意外に?大丈夫でした。
まあ歌舞伎と同じ土俵に乗ったら歌舞伎に勝てる筈はなく、どこまて
突破させるかがポイントで、今回は中劇場の舞台機構使い倒しと知名度の
高いピアノ曲「乙女の祈り」を髪漉きとラストの立ち回りに遣うと言う
荒業に出てました。

個人的にはキライじゃないです。

モノクロ舞台、吊りパネルを遣う背景、奈落を川に見立て、戸板は予想に
反してキリスト像のように背後から登場するお岩、シルエットで見せる鼠などなど。
秋山さん以外の女役を有薗さん、木村さん、花王さんら普通の男優さんが
なさるのは歌舞伎に対するリスペクトか、はたまた異化効果かわかり
ませんが皆さん上手いのでびっくり
特に木村さん上手すぎでしたし、陣内くんは声が野太い以外ほぼ女子
でした(笑)

大鷹さんと酒向さんが一緒に出ていて、「けっけ〜!」と内心叫んで
しまったのは「藪原検校」の影響(笑)

伊右衛門のダメさ加減は、現代劇にしても全く合理化されず、そもそも
ラストでお岩さんは成仏できたのか微妙。

ラストのひたすら紙吹雪の中の立ち回りに美学を見せるあたりの印象か
どうもコクーン歌舞伎を現代俳優がやっているような、何とも捻れた
感じが強くしました。

因みに秋に国立劇場で高麗屋さんで「四谷怪談」出ますね

| | コメント (0)

新国立劇場「あわれ彼女は娼婦」は来年6月

以前、蜷川さん演出の、三上さん/深津さんバージョンを見ましたが
今回は栗山さん演出、浦井くん、蒼井さんコンビだそうです。
これは見たいかも。

| | コメント (0)

2015.06.25

「エリザベート」(1回目)を観る

「エリザベート」(1回目)を観る
「エリザベート」(1回目)を観る
「エリザベート」(1回目)を観る
「エリザベート」(1回目)を観る
「エリザベート」(1回目)を観る
いや〜、さすが「エリザベート」、何度観ても飽きない、全く不思議な
魅力のミュージカルです。
勿論満席。
更に千秋楽まで帝劇分は全日程売り切れだそう。
(当日券も前日電話受付なったそうです)

今回はイープラス貸切公演で、終了後に井上くん、花聰まりさんの特別
カテコあり。
前から判っていた事ですが、この公演が井上くんの「エリザベート」
出演300回目で、ご本人挨拶で「まあ、そのうち290回はルドルフで
トートは10回くらい」とおっしゃってましたが。
その井上くん、花聰さんを「日本エリザベート界のレジェンド」と
紹介されていたのがちょっと面白かったです
因みにその井上くんの疑問にもありましたが、花聰さんは何回目なんで
しょうかね…。

そしてイープラスからわざわざ

「なんと本日は、トート役井上芳雄さんが過去ルドルフ役として演じ
られた公演を含めて300回目の【エリザベート】ご出演日でした!

2000年の東宝版エリザベート初演時に皇太子ルドルフ役でデビューし、
2015年版から黄泉の帝王トートを演じていらっしゃる井上芳雄さん。
【エリザベート】にはとても深い思い入れがあったようですね。

改めて、おめでとうございます!
そして、たくさんの感動をありがとうございます!」
なんてメールまできました。びっくり。

さて、今回のキャストは花聰エリザ、井上トート、佐藤フランツ、京本
ルドルフ、剣ゾフィ、松也ルキーニ。

美術が変わり、演出変わり、曲の位置付け・印象もかなり変わりました。
無論キャストによる部分もありますが、第一印象としては「廃虚感」
でしょうか。

トートが結婚式の司祭をやらない、小ルドの猫殺しの道具がピストルに
なった(これが後半の自殺の武器に繋がる効果)、ルキーニの出番が
更に増えた、そしてトートがアクティブに(笑)なりました。
しかも演出の変更で椅子の後ろなど背後からの登場が増えて、なんだか
ストーカー度上がったんじゃないでしょうか(苦笑)

花聰さんエリザは無論初ですが、音域と言い、幼さから初老まで見せ
分けるビジュアルと言い、見ていて不安がないですね。
ちょっと声が一路さんぽい?

井上トートはとにかく声、ですね。
ルドルフとの「闇が広がる」がルドルフ時代のイメージが思い出されて
なかなか感慨深かったですが、以前見た城田くんトートより多分体温
高目です。

佐藤さんは歌ハタケの方だそうですが、さすがとにかく声量が半端ない。
青年時代より年を取ってからの方がしっくりきました。

京本くんは京本Jr.なんですね。
線が細くて、宝塚の若手の男役さんみたい。
不安とか、ママを求める感じが痛々しく伝わりました。

剣さんは怖いけどお孫さんにはメチャ優しい(笑)
ちょっと喉がお辛いかしら?

そして歌舞伎界から参戦の松也くんルキーニ。
蜷川さんの「四谷怪談」での印象は確かに強いですが、「ロミジュリ」
では外様感がまだまだしたので、難役、どうなるかと思いましたが、
どうしてどうして堂々とした狂言まわしっぷり。
何となく亡くなった勘三郎さんぽい雰囲気がしたのは気のせいでしょうか。

マックスパパのインパクトが村井さん時より随分弱くなったのと、ラストが
エリザベートが自ら黒の衣装を脱ぎ捨てるあたりからの一連は、セットが
シンプルに登場人物も減ったのもあり、ちょっと前演出の方がバロック
要素が強くて好きだったかも。

ま、慣れかも知れませんが。

あと何回かは組み合わせを変えて観る予定。

| | コメント (0)

「黒鉄さんの方位磁石」を観る

DDDクロスシアター(渋谷)
AUN今年の公演も去年の「有馬の家のじごろう」に続いて市村直孝さん
作・演出作品。

平日マチネでほぼ満席の盛況。

凝った仕掛けで一人の人生を描く壮大な作品でしたし、鋼太郎さんはじめ
キャスト熱演で、特に以前は鋼太郎さんと他のキャストに実力の差が
歴然だったのが、若手の魅力的な俳優さんが次々成長されていたのが
伝わってきました。
ただし内容がやや身近に感じられすぎて、個人的には演劇としては
逆に深く入り込めず。

客席にセットが食い込んだ特殊な客席配置も私の席からは死角が多くて
判らない部分があったのがやや惜しかったです。

| | コメント (0)

映画「ターナー〜光に愛を求めて」を見る

私の中で、「ターナー」と言えば一番は、漱石の「坊っちゃん」、
赤シャツがのだいこにへつらって言う、「ターナーの松でげすな」の
一節で、中学生の頃に読んでから、「フランダースの犬」の「教会のルー
ベンスの絵」と同じく、長らく名前だけ知っている幻のものでした。
で、ある時期にターナーのそれらしき絵を見てからも「ターナー」と
言えばやっぱり条件反射で「坊っちゃんの松」です。
第2にターナーと言えば、こちらは最近ですが、「007スカイフォール」。
ボンドがQから新兵器を受け取るのがナショナルギャラリー。
それもターナーの代表作で、映画の中でも制作メイキング?が描かれる
「解体のために錨泊地に向かうテメレール号」の前。
「あんたみたいな若いヤツがね」と感心するボンドの「世代交代ね」と
呟くのが、Qに対してでもあり、絵の主題についてでもある、と言う
非常にセンスのあるお気に入りのシーンです。
まあ、いつだったか「ターナー展」見ましたが、映画の中でも言われる
ように確かにパターンではありますが、劇中の制作シーンはなかなか
興味深かったです。

とにかく映像に意識的に盛り込まれる朝日/夕陽の風景、海にまつわる
映像が非常に美しく凝っていて、「テメレール号」のに至っては、映像で
ほぼ完璧に再現されていて感心しました。

(帆柱に身体をくくりつけて嵐を見たエピソードも盛り込まれていました)

今回はそんなターナーの人間像を描いた映画。
絵を見てもちょっと変わり者だとは思いましたが、マイク・リー監督
(「秘密と嘘」)は個性的なターナーさんをそこに見せてくださいました。
なかなかチャーミングだし、歌は上手いし(パーセルの「ディドーの
嘆き」を歌うシーンは印象的)お金については比較的常識的なセンスを
持ち、アカデミーでの発言力、社交性もまずまずありながらも偉大な
アーティスト必ずしも人格者ならず、は今回もその通り(笑)
パパが死ぬまではパパ依存、奥さんはいるのに手癖は案外良くなく、
そして画材のために屡々旅行に出てしまう放浪癖。

健康には無頓着で、見た目は無愛想。
返事してるんだか、口呼吸してるんだかわからない「ブフワァ」みたいな
妙な返事がやたら笑えましし、途中に出てくる画家仲間たち、特にコン
スタブルさんとの「赤」をめぐるやりとりは「餓鬼か!」で笑いました。

若干長くて(150分)ちょっときつかったですが、映像が魅力的な作品
でした。
絵画好きなら楽しめる筈

| | コメント (0)

2015.06.22

羽生くんの「SEIMEI」

録画でショートバージョンのフルバージョン(日本語がヘン(笑))を
見ました。
萬斎さんファンとしては、元から舞の舞われるイメージが強い曲では
あるので、上手くアレンジしている、と言うか、和ものにありがちな
取って付けた感がないのが何より印象的。
フルバージョンが本大会で披露されるのが、スケートファンとは違う
意味で楽しみです

| | コメント (0)

「花燃ゆ」に小久保くん出演

最近まるで興味を失い、クレジットをさらっと見て消す回が続いて
いましたが、さいたまネクストシアターの小久保くんの名前を発見し
久しぶりに手が止まりました。
ただし「小高」役と出た段階で、あれ来るな、と判る小高俊太郎役。

まあ描き方が良くも悪くも中途半端なので、新選組での拷問シーンも
まあ目を背けるほどでもなく、「龍馬伝」の岡田以蔵@佐藤健くんには
ならずに済んでましたが。
それにしてもびびるさんも東山くんも、舞台みたいにガチガチにメイク
しているのが凄く不自然。
ま、これも「龍馬伝」の土埃ナチュラルに(笑)慣れた目で見るからかも
知れませんが。

とりあえず小久保くんの出演はあっさり終了。
それでもその「龍馬伝」に数回出ながらセリフなかった川口くんよりは
ちゃんとチェックできて何よりでした

| | コメント (0)

2015.06.20

「六月大歌舞伎」(夜の部「新薄雪物語」)を観る

「新薄雪物語」の昼の続き。
夜から見る、夜だけ見る、昼の部から暫く経って見る人のために、ピンク
色のペラ1枚の人間関係リーフレットが配られていました。
見所はやはり「合腹」
伊賀守の幸四郎さんと兵部の仁左衛門さんが、まさにハラで見せる芝居。
高麗屋さんはひたすら地味に地味に頑張っても、どうしても見せたがる
感じが匂ってくる一方で、松嶋屋さんは細かく細かく積み重ねて、他の
役者さんがしたら多分アザトクなるようなのに、トータルで凄くナチュ
ラルにバランス良くなる、と言う芸風が見事に露になって、そこを見て
関心していました(苦笑)。
薄雪役は昼から3人目、米吉さんに。

又五郎さん、芝雀さん登場で空気が変わり、「正宗内」に歌六さんの
登場に至り、芝居は完全に「播磨屋さん」一座に
なり、刀鍛冶の話も、随分それまでの武家モノと色が違うので、まるで
別のハナシのように見えたりしました。

個人的には、正宗が跡取りを決め、団九郎には包丁でも打たせてと言う
ところで、忽ち「藪原検校」の「包丁透かし正宗」を思い出して、一人で
受けてました(笑)

薄雪を連れてくるのが籬じゃなぃ、とか、薄雪と左衛門がどうなったのか
とか、そもそも秋月大膳は、とか、色々布石が回収されないままに
なっているのが気になると言えば気になりますが、まあ菊/吉/仁/幸の
四巨頭が一堂に会する演目だっただけで今月はOKです!

| | コメント (0)

2015.06.18

映画「海街diary」を見る

「駆け込み女と駆け出し男」に続いて、鎌倉が舞台。
江ノ電の豪華なプロモーション映像でもあり、梅酒メーカーが一枚噛んで
いるのではと勘ぐりたくなる登場頻度(笑)

見ていると綾瀬さんと長澤さんが似て見えてくるのも不思議ですし、
何より「駆け込み女〜」「あん」上映中に、三本かぶりで樹木希林さんが
出演しているのにはびっくりします。

殺人事件が起きる訳でも、三角関係の修羅場が出てくる訳でもない
一見実に平穏なくらしぶりが淡々と描かれているので、2時間ちょっと
長いかなとも思いましたが、めんどくさい人はいても悪人は出てこない
ので、心穏やかに見られる映画でした。
個人的には、「オクトパス」のゴールキーパー役の女の子と、珍しく?
ナチュラルな堤さんの存在感、そして「若者たち」時にも似る、
長澤まさみさんの男前?ぶりが印象に残りました。
(サッカー仲間役の前田くんも可愛い)

| | コメント (0)

2015.06.17

映画「シンベリン」(邦題「アナーキー」)を見る

「シンベリン」だから見るのに、何でタイトル変えますかねぇ(嘆)
まあ確かに「ハムレット」や「ロミジュリ」ほどメジャーじゃないですが。

そして、これが奇抜だけどシェイクスピアへのリスペクトに満ちた結構な
力作で、なんでこれが現時点で関東で1館限定(新宿・シネマカリテ)、
「映画祭」?の一環で1日1回、10日弱限定公開なのか、本当に勿体無い
ハナシです

さて、シェイクスピアの何でもあり芝居を現代に置き換えた映画は
舞台はアメリカの片田舎、ギャングと警察の対立、ポスティマスはスケート
ボード青年となかなかびっくりな設定ながら、見たらこれが几帳面と言える
ほど戯曲に忠実で、セリフも映像とアンバランスな文語体をキープ
しながら90分そこらに物語を纏めた監督の技量がまずすごすぎ。

個人的には舞台版との比較しながらの楽しみもあり、阿部さん、鋼太郎
さん、大竹さん、勝村さん、浦井くん、川口くん、嵯川さんらの顔を
思い浮かべながら見ました。
ローマ市警察と車体にペイントしたパトカーが走り周るやら、何故か
袋からぶちまけられるのがキスチョコ(ですよね)だったり、妙な版画を
持ち歩いたり、ツッコミどころ満載でしたが、殺人を含めて起こるあれ
これは、確かに全部戯曲にもあるハナシで、違いはそれがナイフか剣か
マシンガンかの違いでしかないし、iPhoneやらiBookやらを持ち歩いても
あまり気にならないのにも感心しました。
現時点短期間公開ですが、シェイクスピア舞台ファンには結構おすすめ
だと思います

| | コメント (0)

「ローソンチケット」に蜷川さんインタビュー

雑誌のインタビューは久しぶりの気がします。
「カフカ」についての野田秀樹さんのハナシをはじめ、今後の3作品に
言及されてます。
「ヴェローナの二紳士」の写真入りチラシも出回り始めてますし、
シェイクスピア全作品まであと一息だし(ただし残ってるのは結構
手強いもの多)、写真はますます痩せられて些か痛々しい感じもしますが
まだまだ作品が見たいですね

| | コメント (0)

2015.06.16

「敦」を観る

10年ぶりの再々演は、キャストが変更になり、2演目とも萬斎さんが
主演ですが、セットや衣装はだいたい同じ。
現代美の「三番叟」の時に対談されていた、真鍋大度さんがスタッフに
加わり、「名人伝」の「漢字表示」が変わったようですし、一ヶ所、
プロジェクションマッピング的な演出もありました。
「山月記」は李徴がかなり若返ったため、印象が変わりましたし、
演出も結構細部が変わってました。
萬斎さんの「虎メイク」はちょっと歌舞伎の隈取りっぽいですが、凛々しさ
満点。
最近ちょっと長い髪(笑)型を見てなかったので新鮮でした。

「名人伝」は明るさたっぷり。
こちらは万作さんが老師役になり、より雰囲気が哲学的になりました。

初演から10年経ちましたが、作品の新鮮さ、テーマの現代性、緊張感は
相変わらずでしたし、何よりキャストが皆さん殆ど印象が変わらなかった
のにはびっくりでした。

プログラムに台本が載り、引用元が明記されているのも親切ですね。
ポストカードも付いてました。

席の位置関係で「名人伝」がちょっと見辛かったですが、楽しめました。

| | コメント (0)

2015.06.15

「敦」に掛け声(奇声)は さすがに興ざめ

「敦」舞台、近くに妙にハイテンションな婦人が「名人伝」から空席に
やってきて、カーテンコールに歌舞伎のような掛け声をかけたのにはびっくり。
しかも聞き取れないど言うか、まあ奇声の類いで、折角静かな緊張感の
あった舞台が一気に興ざめ。
ご本人は興奮気味で大喜びしてましたが、どうなんですかね。
それも常識ありそうな60代くらいの上品な老婦人。
個人的にはこう言う舞台には合わない気がします。
落ちてきた「鳥」紙も勝手に持ち帰る人はいるし、どうも今日については
ファンのマナーを疑いました。
残念

| | コメント (0)

「六月大歌舞伎」(昼の部)を観る

「六月大歌舞伎」(昼の部)を観る
「六月大歌舞伎」(昼の部)を観る
何と言っても「新薄雪物語」を昼夜で通し。
先年、若手花形での上演で興味を持った演目で、今回は幸四郎さん、
菊五郎さん、仁左衛門さん、吉右衛門さんと、よくまあ揃ったとびっくりの
大顔合わせでの上演にワクワクして伺いました。

昼は「花見」と「詮議」
菊五郎さんが奴と民部2役をきっちり演じわけ
られ、仁左衛門さんも国崩しの悪役・大膳で迫力出しまくる、次の場で
ひさすら我慢の兵衛パパで渋さ満点。
そうそう、奴の立ち回りでは、与天の動きがストリートダンス風あり、
またアイテムを使ったモノも多く独特でした。

吉右衛門さんがいささか軽めの役まわりでファンとしてはちょっと残念
でしたが、夜に期待。
他に錦之助さん、時蔵さんがそれぞれ役にぴったりはまってましたし
薄雪役を「花見」の梅枝くんはひたすら美しく見せ、「詮議」の児太郎
くんは身体能力が高いのか、着物の流れかたが異様に綺麗で妙な色気が
ありました。
梅枝くんのを春信の浮世絵とすると、児太郎くんは湖龍斎とでも言う
感じ。
「花見」が陰謀、恋模様、立ち回りと盛りだくさん、「詮議」がハラで
見せる芝居(錦之助さんが動き担当)とバラエティがあり、二場で2時
間半と、歌舞伎としては短めであっという間でした。
夜の部は次週

| | コメント (0)

歌舞伎版「アテルイ」のチラシがかっこいい!

しかし、作・中島かずき、演出・いのうえひでのり、美術・堀尾幸男
照明・原田保、と揃うと、「アテルイ」が歌舞伎になったと言うより
新感線公演のキャストが全員歌舞伎役者だ、と考える方が、正しい気が
しますが(苦笑)

| | コメント (0)

トニー賞授賞式中継で「王様と私」のパフォーマンスを見る

渡辺謙さんがキングを演じている「王様と私」がトニー賞で主演女優賞、
助演助演賞、そしてリバイバル部門の作品賞も獲得しましたね
WOWOWで中継見ましたが、上演中の芝居を表彰会場で部分見せって
考えるとちょっと日本ではあり得ません。
謙さんのキングは日本のスタジオでも盛り上がってましたが「Come」の
ところがかっこ良かったです。
日本での上演がないのが本当に残念

| | コメント (2)

2015.06.13

羽生くんの新プログラムはなんと「陰陽師」

勿論映画「陰陽師」の梅林さんの曲、あのエンドロールのです
今回はショートバージョンだったそうですが、衣装の襟元も直衣風、
出だしに口元に指を近づけるポーズあり。
オリジナルの映画にも脚光当たったり、「主演俳優さん」コメント求め
られたりするのかしら…?(^^ゞ

| | コメント (0)

2015.06.12

「戯作者銘々伝」を観る

紀伊国屋サザンシアター
井上ひさしさんの短編を中堅の作者が戯曲化、演出、と言う、井上さん
亡き今の、新しいこまつ座の作劇。
歌入り、少人数のアンサンブル、そこに潜む、権力と芸術の対立と
井上作品共通のアイテムが詰まった内容でしたが、如何せん、一幕が
冗長でつまらなさすぎ。
二幕に繰り広げられた、花火師に夢を託す京伝の物語を全面に出した方が
余程良かったように思えました。
北村くん、相島さん、新妻さん、阿南さんら折角上手い役者さんを揃えて
いるのに弾けきれず。
ブラッシュアップしての再演期待します。

| | コメント (0)

2015.06.10

「100分で名著」、今夜の「オイディプス王」に

いきなり冒頭に出ましたね〜しかものアテネバージョンの萬斎さん
「オイディプス王」映像!
ちゃんと鋼太郎さんクレオン、麻実さんイオカステも映ってました!

良かった良かった(笑)

| | コメント (0)

「シンベリン」がクライムサスペンスものとして翻案映画化

シェイクスピアの「シンベリン」を現代に翻案、クライムサスペンス
ものとして映画化されたまのが間もなく封切りだそうです。
バイクギャング「ブリテンズ」のボスで、後妻・クイーンの連れ子を
跡継ぎにしたいシンベリン(エド・ハリス)、後妻のクイーン(ミラ・
ジョコビッチ)、そしてどうやらイーサン・ホーク演じるヤーキモーが
主役格。

沙翁の戯曲も毒やら寝室への侵入やら穏やかじゃないアイテムぞろぞろ
ですから、意外に腑に落ちますが、バイクギャング集団に設定したあたり、
新感線の「メタル・マクベス」にちょっと通じる意匠を感じます。

邦題は「アナーキー」(原題はまんま「シンベリン」)、これはちょっと
見に行く価値がありそうです

| | コメント (0)

2015.06.09

「アドルフに告ぐ」を観る

「アドルフに告ぐ」を観る
神奈川芸術劇場。
ここ、何故か来るたびに雨が降る(笑)

2階A席チケットを見せたら受付で無料で1階S席に変更して下さいました。
ひょっとして2階席を閉めたかも知れません。

更に「水曜日限定ポスター付きパンフレットあり」と言っていたが、
今日は火曜日だ(笑)

客の年齢層が広くてビックリしました。
年輩客は原作が週刊文春掲載だったからかも知れませんし、宝塚出身者
ファンらしきマダムもいる、若手キャストのファンも結構見かけました。

原作を読まず、概要を手塚治虫記念館の「アドルフに告ぐ展」で観た
程度で臨むのは無謀か心配してましたが、テーマが骨太な事もあり
ところどころ人間関係が解りづらかったものの、意外に大丈夫でした。

何より成河くんと洋くんが同じ舞台にメインキャストで並ぶだけで
素晴らしいし、谷田くんも共演と、全く顔ぶれだけで大満足でしたが
内容も流石に栗山さん、「炎立つ」に近い、シンプルなセットでの朗読
風な部分も見せながら、緊張感たっぷり、重厚な仕上がりでした。
洋くんの指先まで行き届いた一挙手一投足、成河くんの変貌ぶりは
どちらも見事で、特に洋くんは登場場面は少ないものの、舞台を支配する
チカラが半端なく、やはりこの洋さんは大劇場で観るべき役者さんと
再確認しました。

ストーリーはハッピーエンドでも一件落着でもない終わりかたでしたが
確実に1940年代とあの戦争が、2015年の今に繋がっていると確信でき
ました。

見て良かったですし、多分今年のベスト10に入る作品になると思います

| | コメント (6)

2015.06.04

高瀬久男さん死去

最近演劇関係者の急逝のニュースが続く気がします。
文学座所属の演出家さんで、個人的には03年の「モンテクリスト伯」が
一番記憶に残っています
(内野くんエドモン、浅野さんアルベール、長谷川博己くんベネディット)

今月公演の「明治の棺」も演出だった筈。
まだ50代との事。いかにも惜しい気がします

| | コメント (0)

2015.06.03

「100分で名著」、今度は「オイディプス王」

講師は島田雅彦さん、朗読は小出恵介くん。
残念ながら、今回は「スペシャルゲスト」はなさそうです(苦笑)

| | コメント (0)

染五郎さん、ドラマスペシャル「陰陽師」主演

博雅役は堂本光一くん。
やはり岩手でロケしてたとか。
歌舞伎版に続いてなので、印象強いですね

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »