« 「読売演劇大賞」中間発表 | トップページ | 「この国の空」を見る »

2015.08.09

「八月納涼歌舞伎」(一部&二部)を観る

「八月納涼歌舞伎」(一部&二部)を観る

「八月納涼歌舞伎」(一部&二部)を観る

「八月納涼歌舞伎」(一部&二部)を観る

今月は恒例三部制。
三部に惹かれず、一部二部のみを舞踊抜きでまとめて鑑賞。

まずは「おちくぼ物語」
和製「シンデレラ」で、昔読んだ覚えがありますが、歌舞伎になって
いるとは知りませんでした。
七之助くんの姫に隼人くんのプリンス。
七之助くんは先月のガチな神様の印象が余りに強くて、何だかたおやかな
お姫様も今に剣を抜いて戦いそうで(笑)
隼人くんの平安プリンス姿は多分初めて見ましたが、ちょっと顔の拵えが
濃すぎか、細面のイケメンぶりが活かされず…。
高麗蔵さんの継母っぷり、三の姫(鴈成さん?)、四の姫(國久さん?)のいずれもの意外なまでに
端正なお姫様ぶりなど脇がしっかりしていて、おとぎ話らしいユルユルな
展開も何とか気にせず見られました(笑)

次の「松羽目もの」は見ずに二部に突入。
今度は古典「ひらがな盛衰記〜逆櫓」

橋之助さん、彌十郎さん、児太郎さんらが熱演。
しかし最大の問題は、私がこのハナシを何度見ても理解できない事(苦笑)
樋口(松右衛門)の義父・権四郎が呆気なく裏切るのも納得できないし
捕まるまでの立ち回りが何か取ってつけたよう。
畠山も出てくるだけだし(笑)

橋之助さんは何だか叫ぶばかりの一本調子なのも拍車かけたかも。
児太郎くんが良いのと、橋之助家三兄弟のうち、長男の国生くんが
痩せて声はパパそっくり、顔もいい感じになってきたのが収穫でしょうか
(て言うか、国生くん、もう19歳なんだ!)

どうも先月今月と歌舞伎座はちょっとノレないまま終了。

来月は夜が大好きな「先代萩」だし、10月は玉三郎さんで「阿古屋」やる
ようだし、秋が楽しみです
最後の写真は木挽町広場で見かけた衝撃的な一枚(笑)

|

« 「読売演劇大賞」中間発表 | トップページ | 「この国の空」を見る »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「読売演劇大賞」中間発表 | トップページ | 「この国の空」を見る »