« 花見 | トップページ | 萬斎さんと猿之助さんの「約束」が実現 »

2016.04.01

「俺たちの國芳、わたしたちの国貞展」をプレミアム夜間内覧会で見る

「俺たちの國芳、わたしたちの国貞展」をプレミアム夜間内覧会で見る
「俺たちの國芳、わたしたちの国貞展」をプレミアム夜間内覧会で見る
「俺たちの國芳、わたしたちの国貞展」をプレミアム夜間内覧会で見る
文化村ザ・ミュージアム

今のところなかなか自由な時間が取れない中で、美術展に行くのは
至難の技だし、行ったところで混雑にはまるのは疲れるだけ。
ところが今回、運良く、夜間内覧会のチケットをイープラスで見つけ
ました。
人数は限られているので混むと言っても程度問題、時間も夜間で会社を
休む必要もないし、おかげで久しぶりに大好きな國芳を堪能して
きました。

入場券と引き換えに貰えたのが、ネコを集めて髑髏にした、國芳先生
ご自慢の意匠、名付けて「猫スカル」の缶バッチ。
ついでに同じ意匠の豆皿がお土産。

展覧会はできるだけ分かりやすさを意図したらしく、解説板もイヤ
ホンガイドのナレーションも(担当は七之助さん)も現代カルチャーに
引き付けた表現で面白かったです
例えば「讃岐院眷族をして為朝をすくふの図」には「畏怖大海原」と
付けて「ホラーオブウォーター」、「相馬古内裏」には「物怪退治
英雄譚」として「モンスターハンターアンドヒーロー」とルビ、
「荷宝蔵壁のむだ書き」には「痛快機知娯楽絵」として、「ザッツ
エンタテインメント」といった具合。

勿論、浮世絵の宝庫として知られるボストン美術館の物ですから
発色も保存も素晴らしい。
更に今回はエリア限定で写真撮影も可能で、写真はそこで撮影した
「江戸町壱丁目 扇屋内 花扇」を含む国貞の3枚もの。
(こちらには「当世艶姿考」〜アデモードスタイルのキャッチ)

七之助さんのイヤホンガイドも軽快かつ明快で面白い展覧会でした

リフレッシュしました!

因みに練馬美術館でも國芳先生とその系譜の作品を集めた展覧会を
やっているとか。
行きたいけどちょっと遠い

|

« 花見 | トップページ | 萬斎さんと猿之助さんの「約束」が実現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花見 | トップページ | 萬斎さんと猿之助さんの「約束」が実現 »