« 「所さんの大変ですよ」の「鋼太郎さんが大変」、紹介VTRの演目並びに「!」 | トップページ | 日経「2017回顧〜演劇」記事 »

2017.12.09

彩の国シェイクスピア講座 『アテネのタイモン』徹底勉強会 第4回

何とか全4回皆勤。
今回は聖心女子大の先生による、配布資料完璧な、完全大学の授業
スタイル。
「タイモン」キャラクター解説と言うタイトルでしたが、どちらかと
言うと、セリフにやたらに出てくる動物比喩は何を指し示している
のか、あるいは例えばアペマンタスはなぜ「犬」と言われるのかと
言うような分析に比重がおかれた、前回の経済側面とはまた異なる、
どちらかと言うと、文化理解、時代背景を込みの社会学的も含まれて
いて、非常に密度の濃い内容でした。

今回も松岡先生をお見かけしました。

今回の先生が訳されたと言う、ファーストフォリオを巡る著作は
面白そうなので早速探してみようて思います

いよいよ来週には開幕。
楽しみです

|

« 「所さんの大変ですよ」の「鋼太郎さんが大変」、紹介VTRの演目並びに「!」 | トップページ | 日経「2017回顧〜演劇」記事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「所さんの大変ですよ」の「鋼太郎さんが大変」、紹介VTRの演目並びに「!」 | トップページ | 日経「2017回顧〜演劇」記事 »