« リアル「陸王」番組に萬斎さん写真。 | トップページ | 訃報。観世元伯さん »

2017.12.02

能「安宅」を観る

能「安宅」を観る
能「安宅」を観る
能はこちらが夢うつつになる確率が高く、ギリギリ「安宅」や
「舟弁慶」あたりが、アイのしどころも多く、素人でも持ちこたえ
られる曲。
萬斎さんがオモアイをなさる公演に久しぶりにタイミングが合った
ので伺いました

義経役の子方は解説によると百番あまり出演の、子方のベテラン
(変な表現ですが)だそうで、確かに凛々しく、ちゃんと演者、
でした。

アドアイに太一郎くんが出演されていました
多分意識して太一郎くん見たのは初めてですが、やはりお父さん似。
舞台には野村昌司さんもご出演で、萬さん、万作さん、四郎さん
3兄弟の子2人と孫1人と親戚ズラリ、な野村家的スペシャル「安宅」
でした
(四郎さんも後見でご出演でしたし)

しかし萬斎さん、つい夏には平家軍の先頭に立っていたのが、本業
では源氏の強力と言うのもなかなか不思議なものだったりもし、
日本人の源平もの好きを改めて実感しました。

久しぶりに続けてお能を見ましたが、要素を引きまくってギュッと
エッセンスを凝縮した仕掛けは、観る側のイマジネーションを喚起
させる知的エンタメではありますが、一方、ほぼ複数公演がない
一期一会方式は、観客層を限定し、いくら世界遺産と言っても
「ぴあでチケット売ってないし」「なんだか難しそう」と敬遠され
観客層が広がらないのかなとは思いました
(今の観客数で需給が釣りあっている、或いは内輪サークルの延長
線上のサロン的なスタンスが当事者たちには快適であるならば、
それはそれで構わないのかも知れませんが)

|

« リアル「陸王」番組に萬斎さん写真。 | トップページ | 訃報。観世元伯さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リアル「陸王」番組に萬斎さん写真。 | トップページ | 訃報。観世元伯さん »