« 年末年始の恒例行事 | トップページ | 「新春浅草歌舞伎」(第一部)を観る »

2018.01.09

「西郷どん」初回

この原作者作品はある時から読まないと決めているので、どこまで
原作に沿っているかわかりませんし、まあ初回はたいてい芸達者な
子役たちに見惚れて終わる訳で、真価は次回以降。

とりあえず、ナレーションと島津の当代が前回「翔ぶが如く」の
西郷/大久保だわ、「ラストサムライ」で渡辺謙さんが演じた
カツモトはどう考えても下野後の西郷がモデルなので、
「ラストサムライ」アゲイン感はあるし、西郷父母と大久保父とは
懐かしや「蒲田行進曲」の黄金トリオで、
いつか階段落ちをやってくれるんだろうと思ってしまったり、ついでに
松坂さんは同じ幕末薩摩藩を描いた「篤姫」では、篤姫付きの幾島
役だったなとか、チビ糸ちゃんは「べっぴんさん」の娘時代の子だし
(さらに昨日始まった「越路吹雪物語」のチビ吹雪ちゃん姉だった!)、
「マルコメ」茶坊主だったチビ海江田くんは「天地人」のミニ兼続、
「こども店長」加藤清史郎くんの弟、憲史郎くんと配役にばかり目が
行って終わりました(笑)

北村有起哉くんが来週から登場しますが、北村くんと言えば個人的
には映画「長州ファイブ」の井上馨が印象深いのでちょっと妙です
(ちなみに一生くんが出ているのに最近4倍速でしか見ていない
「わろてんか」ですが、北村くんが出演していたエピソードだけは
めちゃめちゃ面白かったです。さすがです)

|

« 年末年始の恒例行事 | トップページ | 「新春浅草歌舞伎」(第一部)を観る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年末年始の恒例行事 | トップページ | 「新春浅草歌舞伎」(第一部)を観る »