« 「徹子の部屋」に鷲尾真智子さん。 | トップページ | 「BLOODY POETORY」を観る »

2018.02.15

「二月大歌舞伎」(夜の部)を観る【奇数日バージョン】

「二月大歌舞伎」(夜の部)を観る【奇数日バージョン】
「二月大歌舞伎」(夜の部)を観る【奇数日バージョン】
奇数日は家族の希望で2等席
この日は新橋あたりのお芸者衆が左枡席にずらり。
京都の「顔見世」にある「○○ご連中さま総見」的な物でしょうか。
また、OBのみなさまも客席にたくさんおみえになり、和服デーでした。

草間さんの祝幕には開幕前、幕間ともお客さんが代わる代わる撮影に
やってきて、人だかりができていました

「熊谷陣屋」
前に家族と来た芝翫襲名狂言も同じ「熊谷」でした。
新・幸四郎さんの二ヶ月の襲名狂言で一番難易度高そうな演目。
周りは全部世代上の先輩方で、いつもの熊谷役者たちより明らかに
若かったですが、緊張感があってよかったです。
制札の見得の前に足元の制札が掴めず、手探りになっていたりもしま
したし、出家しての花道のひっこみは、それは歴代の役者さんの
工夫と姿が築いてきた数々の芝居に比べれば、と言う部分は大で
しょうが、生真面目な新・幸四郎さんの気質にはあっているように
思いました
しかし、剃髪姿とかになると、親子と言うのは隠せないものですね。

義経は菊五郎さん。
左團次さんの弥陀六とのやりとりがお見事でしたし、あの佇まいは
やはり音羽屋さん、でした
「芝居前」
3階席では声しか聞こえなかった両花道の役者さんも、一切見え
なかった舞台の櫓上に並ぶ演目の看板も、今回はしっかり見えました。

並んでいた海老蔵さんより弥十郎さんの方が長身でびっくりしたり
してました(笑)

「七段目」
勿論、仁左衛門さま&玉三郎さま。
やっぱり。
流石に。
当たり前ですが。
素晴らしかったです。

将来の團菊さまがた、まだまだまだ(笑)

眼福、の一言に尽きます。
しかし良い席で観ると、やはりそれだけ見えるものが違いますね
入れ替わり立ち替わり関係者が挨拶に来る大ご贔屓さま、とか
挨拶に立ち回られる新幸四郎夫人とか、そういう人間観察も含めて
面白かったです。

何年に一度、ですけれども。

|

« 「徹子の部屋」に鷲尾真智子さん。 | トップページ | 「BLOODY POETORY」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「徹子の部屋」に鷲尾真智子さん。 | トップページ | 「BLOODY POETORY」を観る »