« BS-TBS「諸説あり!」で晴明特集 | トップページ | 「ヘッダ・ガブラー」を観る »

2018.04.15

「四月大歌舞伎」(昼の部)を観る

夜が仁左衛門さん二役の「繪本合法衢」に対して、昼は菊五郎さん
二役の「先代萩」
「伽羅」と言わないのは小助視点を付け加えたバージョンだから
だそうすが、確かに「刃傷」の菊五郎さんはすごみたっぷりでしたし、
大抵名前だけ、たま〜に政岡側に与する娘、小槙が「御殿」最後に
菓子に毒を仕込んだ種明かしにをする侍医・道益のサブストーリーが
出てきたのは面白かったですが、個人的には政岡vs.八汐/栄御前
バトルあたりが好きなので、やや物足りなかったかも。

それにしても「先代」でも「床下」までは超人の仁木が「対決」で
通常の基準で裁かれ、「刃傷」で普通に仕留められてしまうのが、
どうもなぁですが、今回は更に「竹の間」抜き「御殿」「床下」に
小助の裁き(「対決」のパロディ)を挟んで「刃傷」と言う構成で
なんかあっという間でした(笑)

時蔵さんが政岡初役は意外でしたが、まずは無難。
弥十郎さんの八汐はブルッとくる怖さが少なめ(観た中では仁左衛門
さんの八汐は絶品でした)が、道益の團蔵さんの面倒くさいオヤジ
ぶりに、二役掛け持ちの孝太郎さん、相変わらずお声聞き惚れる
萬次郎さんの栄御前と、細かく配役がツボでした。


しかし昼夜とも通しってやはり見応えありますね
個人的には楽しい月でした

|

« BS-TBS「諸説あり!」で晴明特集 | トップページ | 「ヘッダ・ガブラー」を観る »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« BS-TBS「諸説あり!」で晴明特集 | トップページ | 「ヘッダ・ガブラー」を観る »