« 「ハゲタカ」10年ぶりにテレ朝「相棒」枠でドラマ化 | トップページ | 2018年度シェイクスピア祭演劇講座「シェイクスピア劇の翻訳〜ページからステージへ」を拝聴する »

2018.05.17

コクーン歌舞伎「切られの与三」を観る

コクーン歌舞伎「切られの与三」を観る
「コクーン歌舞伎」は久しぶり

来年の大河のためか勘九郎さんも欠場で、「木ノ下歌舞伎」の木ノ下
祐一さんが再構成、美術と演出は串田さん、音楽はジャズの生演奏に
下座が混じると言うスタイルでの「与話情浮名横櫛」で、七之助
さんが立役の与三郎、梅枝さんがお富。

そもそも「切られ与三」なんて「源氏店」しか基本見てないので、
今回、相当端折りながらも、発端から最後まで3時間かけてみせて
もらえたのが、まずはかなり面白かったし、そうか、全体像はそんな
話だったかと判ったのがよかったです。

ただし途中で説明なくいきなり出てくる人(本当は問題の香炉と
がっつり絡む母親、最後に特殊血清で与三郎を救う観音久次)が
さもずっと登場していたかのように説明ザツザツなためさっぱり
分からなかったりはしました。
特に最後の観音久次なんて、扇雀さんの何役目かだし、「島で世話に
なった」とか言うので、どっかで出てた人?と却って混乱してました
(いや本当に出ていたかしら。パンフ買わずに済ませたので、判って
ない所があるかも)

セットはキャスターを付けて組み合わせも移動も自在の簡素なもので
確かにセットチェンジはスピーディーですが、もうこれ最近の流行り
なのか、コスト対策なのか、目新しさがなくなってきましたし、
特に時代ものは、役者が身体で全部表現しきれるならいいのですが、
やはりセットが表現できるもの、印象をつけ加える事で豊かになる
部分はやはりまだ大きい。
しかし今となってはケント版「ハムレット」の可動式だけど、あの
巨大カラーボックス様セットの重厚さが却って新鮮かもしれません(笑)

まだ初日あけて間もないからかもしれませんが、役のキャラクターが
十分発揮されていないし、みんな情念薄めで残念でしたが、目新しい
七之助さんの色男役は魅力的でした。

まあ個人的には、これ、一度で良いから、オーソドックスな歌舞伎の
スタイルで見てみたいと凄く思いました。

多分濃いめにやりきったら、「桜姫」や「盟三五大切」みたいな
エログロだけど病み付きになりそうなんですが、やはり所謂リンチ
シーンとかダメかなぁ

|

« 「ハゲタカ」10年ぶりにテレ朝「相棒」枠でドラマ化 | トップページ | 2018年度シェイクスピア祭演劇講座「シェイクスピア劇の翻訳〜ページからステージへ」を拝聴する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ハゲタカ」10年ぶりにテレ朝「相棒」枠でドラマ化 | トップページ | 2018年度シェイクスピア祭演劇講座「シェイクスピア劇の翻訳〜ページからステージへ」を拝聴する »