« 極上のギャグ、もしくは「いいまつがい」(笑) | トップページ | 9月「秀山祭」で福助さん舞台復帰 »

2018.07.04

なんで「息子介護」だけとりあげるのか?〜「クローズアップ現代+」に一言言いたい(1)

昨日のNHK「クローズアップ現代+」で「息子介護」をとりあげて
いました

確かに慣れない家事付きでされるのは大変でしょう
仕事との両立、大変でしょう
しかも息子が異性の母親を看るのも大変でしょう

しかし
見ていていくつか違和感がありました

そもそも息子介護と言う言葉
途中のグラフでさらっと流されましたが、介護の1位は「娘」で20%

家事ができない息子がいきなり介護してます、がアピールされて
ましたが、娘や嫁など介護を女性を前提としているから、「息子介護」
とか言葉が出てきて強調してるとしか。
その前提がおかしい。

娘は仕事をしていないですか?
娘は家事が必ず出来る?

娘は介護が負担じゅない?
娘は仕事をしていても楽々介護ができる?

おかしい
絶対何かがおかしい。

それをするなら在宅介護全体を扱うべき。
介護度2以下で、どんなに仕事がきつくても、施設に預けられない
家族の問題、待機児童は話題になっても、施設入居待ち2年とかの
待機高齢者の多さが全然話題にならない介護軽視、予算削減のため、
在宅を薦めておきながら少ない家族サポート制度。

詰めるべきはそちらの筈。
スレッド違いとは思いますが多分この項、続きます

|

« 極上のギャグ、もしくは「いいまつがい」(笑) | トップページ | 9月「秀山祭」で福助さん舞台復帰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 極上のギャグ、もしくは「いいまつがい」(笑) | トップページ | 9月「秀山祭」で福助さん舞台復帰 »