« 「狂言劇場」(Bプログラム)を観る | トップページ | なんで「息子介護」だけとりあげるのか?〜「クローズアップ現代+」に一言言いたい(1) »

2018.07.03

極上のギャグ、もしくは「いいまつがい」(笑)

吉祥寺シアターに初めて青年団の芝居を見に行きました
タイトルは高橋源一郎さん原作の「日本文学盛衰史」
感想詳細は次項に措きますが、明治の文豪たちの表裏、あれやこれ
やを、LINEやラップやら現代社会の風刺もたっぷり2時間に詰め
込んだ、久しぶりの痛感な芝居でしたが、「加計学園」より「自衛
隊日報問題」より、一番面白かったのは、開幕前の場内アナウンス。

本当なら
「本日は青年団『日本文学盛衰史』にご来場頂きまして〜」と言う
べきところ、
「本日は青年団『日本大学盛衰史』に〜」

会場大爆笑。

決して狙った訳ではないと最初は思ってましたが、終わってみれば
確実にあれは狙ってましたね。

日本「大」学、盛衰しちゃうのかな(笑)

|

« 「狂言劇場」(Bプログラム)を観る | トップページ | なんで「息子介護」だけとりあげるのか?〜「クローズアップ現代+」に一言言いたい(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「狂言劇場」(Bプログラム)を観る | トップページ | なんで「息子介護」だけとりあげるのか?〜「クローズアップ現代+」に一言言いたい(1) »