« 「絶対零度」初回に成河くん | トップページ | 2018年上半期のお芝居雑感 »

2018.07.15

裕基くんが能舞台から落ちる

びっくりしました
超久しぶりに行った「よこはま万作・萬斎の会」横浜能楽堂公演で
こんなハプニングを見るとは思いませんでした

「蟹山伏」でずいぶんのっぽな蟹の精が暴れ?まくり、いよいよ
退場と言う時に、いきなりドサッと音がして、橋掛にいるはずの
裕基くん蟹が見えない。
後方席で最初見えなかったのですが、脇正面最前列の目の前の松の
あたりに金色の装束の塊が。
追うはずの山伏と強力は何事もなかったように入り、しばらくして
後見が客席側から助けおこしにあらわれると、漸く面を付けたまま
立ち上がると、落ちた側から舞台によじ上り、何事もなかったかの
ように蟹ポーズで退場しました。

舞台の進行を妨げないためにすぐ動かなかったのかも知れませんが
あそこは白州で石があるので落ちたら痛いと思いますし、ちょっと
ヒヤッとしました。

面をずっとかけたままで、橋掛の位置を把握しそびれたのかも知れ
ませんが、能舞台で役者がと言うと、目付柱から、正先、白州梯子
あたりに時々、おっとと言う事はありますが、まさか常座から真横に
落ちるとは思いませんでした。

「芸話」で万作さん、何か言って下さるかと思ったらスルーで「月見
座頭」話に終始されました(苦笑)

大事ないと良いです

|

« 「絶対零度」初回に成河くん | トップページ | 2018年上半期のお芝居雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「絶対零度」初回に成河くん | トップページ | 2018年上半期のお芝居雑感 »