« 「カメラを止めるな」を見る | トップページ | 「半分、青い」に中村くん再登場 »

2018.08.28

「八月納涼歌舞伎」(1部)(2部)を観る

一部は新作系2つと舞踊

「花魁草」は歌舞伎とも新派とも。
大部屋俳優と、年期を明けても帰る家のない年増の女郎のメロドラマ。
獅童くんの甘え上手さ、扇雀さんの細かい緩急がそれぞれよかった
ですが、あれだけ累の話の前振りしているので、てっきりお蝶が
嫉妬にかられて強行に及ぶのかと思いましたが、そこまでしたら
南北ですね(笑)

「心中月夜星野屋」
野田版歌舞伎っぽい現代的な七之助さんの娘、久しぶりに見た
獅童くんの女形(正確に言うと「HR」のお姉ちゃん以来か)、
そして「虫が好かない」と言うセリフに「虫が大好き」と中の人の
趣味話で落ちをつける中車さんの他愛ない短編芝居。
そもそも中車さん演じる照蔵の意図がわからず、で場当たり的な笑い
止まりでしたが、中車さんこう言うキャラクターだとやっぱり上手い。

二部は夏の定番にさせつつある「弥次喜多」
今回は喜多八の中の人が、新橋との掛け持ちなためか、弥次さん
メインで展開。
高麗屋襲名披露演目とのリンクや、獅童、七之助、中車三人の
無意味な(笑)早変わりはなかなか面白かったですが、全体的には
去年の歌舞伎座舞台裏話の方がストーリーとしては面白かったです
ただし橋之助、鷹之資世代がゴソッと出演で、特に踊りの上手いと
群集の中でも際立ちました
しかしこの中に勘九郎くんがいないのは大河のためとは言え残念。

個人的には、新・幸四郎さんの「陰陽師」シリーズ続編期待して
いるんですけど(勘九郎くん博雅で)

|

« 「カメラを止めるな」を見る | トップページ | 「半分、青い」に中村くん再登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「カメラを止めるな」を見る | トップページ | 「半分、青い」に中村くん再登場 »