« 「西郷どん」明治へ | トップページ | 「西郷どん」離脱を阻止される(笑) »

2018.10.17

「MANSAI◎解体新書 その二拾八〜「日本」この国の仮想とと現実(バーチャルリアリティ)」を聞く

入り口に長蛇の列。
何でも電話予約だそうですが、3階まで立ち見が出るわ、映像関係の
チェックの遅れやらで、開場開演が20分も遅れた上に、予定では
いつもより短い90分(20時半終了予定)で、いったい実質どれくらい
やるのかと心配に。
これだけの客ならびは元ヅカさん以来か。

しかし今回、初めて芸術監督ドノが司会を放棄(笑)
3倍速の録音を聞くような落合さんのマシンガントーク、それを
デザイナーの佐藤さんが必死に落合さんに合わせようとし、しかし
最中に平気で被せてくるツッコミの矢を掻い潜り、いなし、真面目に
返す、それを芸術監督ドノ、世代が違うなぁとでも言うように眺め
つつ、時々纏めようとするも、マグロのように止まらない落合さん
トークに考える余裕もなく、とりあえず準備されたプレゼンテー
ションを観ながら感心されるという、前代未聞の展開でした。
こんなに喋らなかった萬斎さん初めて拝見しました。
中身?
メモは必死に取りましたがあまり覚えてないです(苦笑)

年末休みにでもまとめられればですが(苦笑)

|

« 「西郷どん」明治へ | トップページ | 「西郷どん」離脱を阻止される(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「西郷どん」明治へ | トップページ | 「西郷どん」離脱を阻止される(笑) »