« 「国立劇場十月歌舞伎公演〜通し狂言 平家女護島」を観る | トップページ | 「MANSAI◎解体新書 その二拾八〜「日本」この国の仮想とと現実(バーチャルリアリティ)」を聞く »

2018.10.17

「西郷どん」明治へ

慶喜謹慎もあっさり、天璋院登場もちらり、和宮など登場せず、
戊辰戦争はナレーションで終了。
えええええ。

いきなり大人びた明治天皇登場するし、西郷は幕府完膚なきまでに
叩き潰す言ってたのに、身内が死んだからか、いきなり厭世気分で
下野ってなに、
いや事実にしても。
10ヶ月見てるのに全然主人公の行動に共感できない。
徹底的に。
とにかくこの脚本、登場人物の感情は描くけど(女性は逆に度が
過ぎる)、理念や論理、「直虎」のような伏線→回収の醍醐味も
なければ、「真田丸」のような個性的キャラクターの大活躍もなく、
どんどん豪華キャストを消費するのみ。
気がつけば登場、気がつかないうちに退場の繰り返し。
最終コーナーを前に遂に脱落です

再来年の「光秀」に期待かな〜

|

« 「国立劇場十月歌舞伎公演〜通し狂言 平家女護島」を観る | トップページ | 「MANSAI◎解体新書 その二拾八〜「日本」この国の仮想とと現実(バーチャルリアリティ)」を聞く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「国立劇場十月歌舞伎公演〜通し狂言 平家女護島」を観る | トップページ | 「MANSAI◎解体新書 その二拾八〜「日本」この国の仮想とと現実(バーチャルリアリティ)」を聞く »