« 「顔見世十一月大歌舞伎」(夜の部)を観る | トップページ | 今日の「プロフェッショナル」に坂元さんが! »

2018.11.11

WOWOWで見たら面白かった映画2本。

映画館に行くか考えてるうちに終わったとかでなくて、公開時全く
見る気がなかったのに、WOWOWで何気なく見はじめたら最後まで
見てしまった映画が2本続きました

1本目は「今からちょっと会社やめてくる」
鋼太郎さんがパワハラ上司をやると言うのだけ公開当時は知って
いましたが、キャストはいわゆる、いま旬の若手俳優さんばかり
なので、軽い内容だろうと食指は動かずだったのですが(と言って
本当にブラック企業ものなら、見てメンタル来るようなものは見たく
ないなぁ、と言うのが見る映画の基準なので)なんとなく見始めたら
福士くん演じる謎の男の正体明かしに引っ張られてついつい見おえて
しまいました

まあラストの30分くらいは、どこかの観光地のプロモーション映像
かと思う薄っぺらさで、がっかりでしたが(笑)、そこまでは軽そうで
軽くない感じが面白かったです。
黒木華さんが、意外なキャラクターを演じていたり、勿論、鋼太郎
さんの良い声で楽しそうにパワハラする上司が、ああこの人やっぱり
舞台俳優さんだったわと思ったりしてました。

もう1本は去年の映画賞にずいぶん絡んだ「彼女がその名を知らない
鳥たち」
公開時、凄いキャストだし、見に行くかなぁとは思いながら、予告
編見る限り、かなりダークそうだし、どうも映画館で大勢でみる
イメージが湧かなかったのですが、テレビ画面の小さい中に詰め
込まれた高密度の感情と、結末の伏線の回収に完全にしてやられ
ましたし、ある意味、テレビで見て正解な映画(日本語がオカシイ)
だった気はしました。
そもそも主役級4人全員、よくまあこの役を受けたなと(笑)
脚本読まずに受けた筈はないですが、特に松坂くんと竹之内さんの
役のクズっぷりは凄くて笑えるくらいでした。
松坂くんは同じ白石監督の次作「孤狼の血」では一転正義感無駄
遣いとも言えそうな刑事を演じていて、この振り幅はいわゆる主役を
張るランクの二枚目俳優にしては珍しく、事務所の意向ならすごく
上手いですね

阿部くんの役は後半にビジュアルと反対のキャラクターが出てくるし
蒼井さんもクレーマーの依存気味、ダメ男ばかり好きになる残念
女子と見せかけて、後半悲惨な過去に胸を突かれましたし、松坂くんの
役もラスト前である意味制裁を受けますが、それに比べると竹之内
さんの役は、ひたすらゲス度がどんどん増すので驚きました(笑)

そして個人的には嫌なジジイ役で中嶋しゅうが出演されていたのが
サプライズ。
「関ヶ原」は画面が暗くて探すのが大変だったので、こちらで
お元気な姿が見られて(蒼井さんとは舞台「スケポーン〜」でも
共演されてました)良かったです

|

« 「顔見世十一月大歌舞伎」(夜の部)を観る | トップページ | 今日の「プロフェッショナル」に坂元さんが! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「顔見世十一月大歌舞伎」(夜の部)を観る | トップページ | 今日の「プロフェッショナル」に坂元さんが! »