« 謹賀新年 | トップページ | 「サムシング・ロッテン」が話題にならなかった3つの理由 »

2019.01.01

珍しく楽しめた「紅白」

早速去年の話(笑)
萬斎さん審査員でもあり見ましたが、やはり「大物たち」は凄かった

サザンの桑田さんとユーミン、北島三郎さんのコラボレーションは
全くここが何処なのかな盛り上がりでしたし、「自由の女神」サラ・
ブライトマンさんとYOSHIKIさんは組み合わせがスゴすぎ、林檎
さんと宮本さんのデュエットは萬斎さん期待されていましたが、
最早NHKとは思えないディープさで唖然。
そして個人的には米津さんの生歌とトークが何よりでしたが、折角
貴重な生歌唱なのに、二番頭からいきなり前を塞ぐように出てきた
白いワンピースの女性、まさかストーカーのハプニングかと思った
ら(笑)、世界的女性ダンサー登場の演出だったそうですが、前を
塞ぐな、誰が主役か考えろ、と、思わずテレビに向かって叫んで
しまいました(笑)

丁度「アンナチュラル」再放送もしていて、どちらも見事なタイ
ミングだったのに。

最近は「FNN歌謡祭」がミュージカル俳優を出演させたり、凄い
コラボで話題を呼んでいたりするので、「紅白」も頑張らないと、
です。
そう言えば白組が勝ったのに優勝旗授与の時に「赤組に」と言った
ように聞こえたのは気のせいだったかしら(笑)

そして一番気になっていたのは、若草色の和服の審査員さまが
演奏中どうリアクションしているか、なかなか写りませんでしたが
やはり内心は「2020」に誰をキャスティングするか、とか、つい
考えたりされていたのかしら、とか(笑)

ともあれ色々面白かったです

|

« 謹賀新年 | トップページ | 「サムシング・ロッテン」が話題にならなかった3つの理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 謹賀新年 | トップページ | 「サムシング・ロッテン」が話題にならなかった3つの理由 »