« 「壽初春大歌舞伎」(昼の部)を観る | トップページ | 「新春浅草歌舞伎」(第一部)を観る »

2019.01.25

「壽初春大歌舞伎」(夜の部)を観る

夜は播磨屋さん組による「絵本太功記〜尼崎閑居の段」

前半の十次郎と初菊エピは、なんとなく盛り上がらす。
幸四郎さんに十次郎は最早ベテランになりすぎ、逆に米吉くんに
初菊は年齢合いすぎの分、ストレート過ぎて逆効果と言う厄介な
感じでした

後半、吉右衛門さん、歌六さんと出てくると、ぐっと芝居が時代に
なりました。
もう吉右衛門さんのは上手いとか、渋いとかでなく、霊気というか
そこに武士がいる、と感じでした

しかし「太十」って個人的には地味で、たいてい途中で意識を失い
ます(笑)
他の場面を見たことがなく、各キャラクターに思い入れしづらい
からでしょうか…

夜は都合でここで失礼しました。

|

« 「壽初春大歌舞伎」(昼の部)を観る | トップページ | 「新春浅草歌舞伎」(第一部)を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「壽初春大歌舞伎」(昼の部)を観る | トップページ | 「新春浅草歌舞伎」(第一部)を観る »