« 「罪と罰」を観る | トップページ | 「壽初春大歌舞伎」(夜の部)を観る »

2019.01.22

「壽初春大歌舞伎」(昼の部)を観る

「壽初春大歌舞伎」(昼の部)を観る
昼は高麗屋シリーズ。
幸四郎さんによる「吉田屋」と白鸚さんによる「一條大蔵譚」

「吉田屋」
新・幸四郎さんは先代とはキャラクター(所謂ニン)が違うのは
分かっていましたが、これは本当に高麗屋さん一家のパブリック
イメージとは違う役。
新しい高麗屋さんのチャレンジとして悪くはないけれど、仁左衛門
さんのような色気にも、上方のみなさまの滲み出るような情念の
何れにも、まだまだと言うところ。
勿論、継承と言う視点からすれば、リスペクトすべきですが、あと
十年単位の長い目で見たいです。
寧ろ、七之助さんの大劇場映えに感心しながら見ていました。

今月実は一番びっくりしたのが、白鸚さんの「一條〜」
どちらかと言うと、ふわりと愛嬌の出るキャラクターの役者さんの
得意とする役と思っていたので、比較的ゴツゴツ系の白鸚さんが
なさると言う事自体、ピンときていなかったのです。
ただやるとなれば、例えば中村屋さんがなさるような方向性とは
違うアプローチでくるだろうと予想していましたが、果たして
その通り、阿呆のふりをすると言うところに力点をおくのではなく
権力者の元で生き抜く忍耐の人、と言う部分がクローズアップ
され、これをお得意とされている、愛嬌でカムフラージュする弟さん
のとも、それを倣う、息子さんのとも違う、かなり「目から鱗」
な一條卿、でした。

雀右衛門さん、魁春さん、梅玉さんと、手堅く、かつ、弟さん座組
色目の脇のベテランの方々とのアンサンブルも心地よく、正直、
見せられまくっている弁慶や松王より、少なくともこの年代になら
れた白鸚さんを今後拝見するなら、こういう役柄はありだなぁと
感じました。

|

« 「罪と罰」を観る | トップページ | 「壽初春大歌舞伎」(夜の部)を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「罪と罰」を観る | トップページ | 「壽初春大歌舞伎」(夜の部)を観る »