« 2018年のお芝居雑感(歌舞伎以外) | トップページ | 「週刊文春woman」にシェイクスピア特集 »

2019.01.08

古舘さんの「トーキングヒストリー〜龍馬暗殺」

去年の「本能寺の変」を昼間再放送していましたが、去年はまだ
大杉さんお元気だったのでしたね…

今年は「龍馬暗殺」で、題材もでしたが、材木小屋までの8分を
ノンストップワンカメ撮影、さらに三吉さん役に、「カメ止め」の
監督を演じた濱津さんをキャスティング、と言う、ニヤリ、な企画
でした。

結局は「寺田屋」は他力本願で助かり、「近江屋」は自らの脇の
甘さで文字通り墓穴を掘ったと言う内容でしたが、どうも古舘さんが
つい中小電機メーカーの社長さんに見えたりしてはいました(苦笑)

でも結局龍馬は一介の脱藩浪人であり、龍馬だけが凄い、いわば
「司馬史観」を私は頭から信じる気にはなりませんが、龍馬と言う
触媒を使った各藩のパワーバランス、みたいなところは磯田先生に
もっと掘り下げて欲しいところでした

それにしてもトークゲストに「龍馬伝」のチビ龍馬、濱田くんと、
乙女姉、寺島さんを配したなら、三吉さんは「龍馬伝」三吉の
筧さんでも良かったような
何しろ「本能寺」では信長なさってましたし、今回龍馬を演じていた
渡辺大くんパパの渡辺謙さん主演のドラマ版「壬生義士伝」では
龍馬もなさっていましたし、更に遡れば筧さんが型破りな龍馬を
演じた「幕末純情伝」は舞台における代表作でしたしね…

しかし最近の筧さんはいわゆ地上波連ドラも、大バジェットの映画
にも、ましてや舞台もあまりお見かけしません
役柄が限定されがちなのかも知れませんが、まだまだ枯れるには
早い気がします

|

« 2018年のお芝居雑感(歌舞伎以外) | トップページ | 「週刊文春woman」にシェイクスピア特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2018年のお芝居雑感(歌舞伎以外) | トップページ | 「週刊文春woman」にシェイクスピア特集 »