« 「二月文楽公演(三部)」を見る | トップページ | 来年さいたまシェイクスピアシリーズ次回作が来るらしい。 »

2019.02.05

映画「七つの会議」を見る(2回目)

ロビーがすごく混んでいたのでびっくりしたら、半分以上は「刀剣
乱舞」目当ての若い女性客でした(笑)

平日夜の「七会」客席は、背広姿のシニアサラリーマンや、30代
カップル、女性一人客と、なかなか幅広い年齢層でほぼ満席。

さすがに二回目は唇に血豆はできませんでしたが(笑)、「御前」
北大路さんを筆頭に、鹿賀さん、橋爪さんら、超ベテラン俳優さま
達の曲者っぷり(誉めてます)を改めて実感しました。
「下町〜」と明らかに違うのは、企業対企業だと法廷闘争となって
弁護士やらなにやら代理戦争みたいになるのが、社内派閥の争いに
留まる分、当事者達が肉を切り骨を断つ感があるのがピリピリと
きますね

そう言えば香川さん北川の「このノルマは果たさなくては」のセリフは
前回聞き取れなかったのですが、なかなか良いセリフですね

八角さんのエンドロール語りは、蛇足っちゃ蛇足ですが(言うな(笑)
「陰陽師」における一人舞と思えば納得かも。
しかしファンとしてはあれに聞き惚れていると、ボブ・ディランの
名曲が耳に入らないのと、普通なら延々流れるのを見るエンド
クレジットがあっという間で、語り終わりで映画がさらっと終わる
のでなんとなく拍子抜けになるのが難点かも(笑)

ちなみに改めて予告編を見ると、紙袋提げて線路際を歩く愛之助
坂戸さんのシチュエーション、予告編ナレだと地方に飛ばされての
シーンかとミスリードされてますね。

個人的には萬斎八角さんが、ベタっと寝そべったベンチソファから
足を凄く上げてヒョイと起き上がる身体能力に毎回びっくりして
いるんですけどね(笑)

帰宅してから「シン・ゴジラ」を見たのですが、何か感じが似ていて
寧ろアクションも破壊シーンもないのにゴジラレベルの緊張感と
迫力を感じる「七会」はやっぱりちょっと凄いですね(笑)

|

« 「二月文楽公演(三部)」を見る | トップページ | 来年さいたまシェイクスピアシリーズ次回作が来るらしい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「二月文楽公演(三部)」を見る | トップページ | 来年さいたまシェイクスピアシリーズ次回作が来るらしい。 »