« 三谷さん「シャーロックホームズ」芝居に横田さんご出演 | トップページ | セブンイレブン「七つの会議」タイアップ。ドーナツじゃないですが(笑) »

2019.02.14

さいたまシェイクスピアシリーズ「ヘンリー五世」を観る(2回目)

ACCのレクチャー付き観劇日が、偶然、元からチケット取れていた
日の翌日になったため、連休は有り難くも「ヘンリー五世」漬けに
なりました。

しかし千葉と違って、与野本町結局2日ともほぼ雪なし。
大宮在住の作家さんが屡々大宮は天候が穏やかだとSNSでおっしゃって
おられるのを読んだ事がありますが、今回都内との差を身を以て
実感しました。

松岡先生のプレトークは一部「徹底勉強会」最終回と被りましたが
ポイントはやはり口上と「四世」からの繋がり受け取りと「六世」
への繋がりフック。
また、口上が多いのは、お家騒動(内紛)でなく、海峡を挟む
大がかりな「国対国」(と言ってもヘンリー五世妃がリチャード
二世妃の妹とか、血縁関係は身内同然だけど)であり、場所、時間が
激しく行き来する特殊な中で展開するからだそうです。

さて、本編で一日のうちに変わっていたのは、冒頭フォルスタッフで
登場した鋼太郎さんが、口上に早替わりしての登場の時に、フォル
スタッフのヒゲを付けたままだった事で、アフタートークによると
あの素早い替わりぶりに、フォルスタッフを鋼太郎さんがなさって
いると判らない観客がいたためだとか。

また、前回気になっていた「聖クリスピアンの〜」はやはりヘンリー
くん、言っていませんでした。
役者にも観客にも解りづらいところはかなりカットされた一例
だとですが、私も松岡先生同様、もう少し松坂ヘンリーに長セリフの
圧を掛けても良かったように思いますし、応えられる筈だと思い
ました

あとは「シャコンヌ」ですね
ヘンリーが冷徹な一面を炸裂させるクライマックスでかかる
「シャコンヌ」
凄いです。
「時計じかけのオレンジ」や「地獄の黙示録」など、クラシックを
敢えて違うシチュエーションに使う、あんな感じですね。

また、ラスト前、車椅子のフランス皇太子ルイの登場シーン、手に
しっかりテニスボールを握っているのに気がつきました。
アフタートークで、あのシーンは史実では終戦後5年くらい経って
いるので、そこにルイがいたかは不明、だからこそシェイクスピアは
ト書きに皇太子いると書いてないのかも、とのこと。
出ました、シェイクスピアの時間圧縮の術(笑)

2回目は一階のかなり後方席だったので、全体が見えたのと、床面
へ映された石畳風や、ステンドグラス風ライティングがしっかり
見られたのは良かったです。
アフタートークでは初めて中河内さんのトークをお聞きしましたが
頭の切れ方、話の持って行き方、ウイット、絶対トーク向きの方で
夜の部のために退出されるのが惜しかったです
(当初、夜の部がない筈の日に、急遽追加公演が入った)

横田さんと松岡先生はいつも通り。
横田さんは、「開幕から30分出番がない」上に今回は「喋り足り
ない」そうで(笑)、化粧のまま(中河内さんが化粧を落としていた
のを感心されてましたが、ピストルはフランス王と違って多分
汗みどろのはず(笑)スワローズのウィンドブレイカーで楽しい
お話をしてくださいました
しかしこう言っては口はばったいですが、松岡先生が言及された
役者さんや、演出上の新機軸は、前日の感想として私がアップした
↓の内容とかなり被っていて、ちょっと嬉しかったです。

「五世」漬けになって帰宅してすぐにしたことは、当然「四世」の
WOWOW録画を、パンフと戯曲を見ながら見直し始めた事。
これが終わったら、引き続き「ホロウ・クラウン」のトムヒバー
ジョン見直して、次に備えます(笑)

|

« 三谷さん「シャーロックホームズ」芝居に横田さんご出演 | トップページ | セブンイレブン「七つの会議」タイアップ。ドーナツじゃないですが(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三谷さん「シャーロックホームズ」芝居に横田さんご出演 | トップページ | セブンイレブン「七つの会議」タイアップ。ドーナツじゃないですが(笑) »