« 映画「ヴィクトリア女王〜最後の秘密」を見る | トップページ | 大阪の国立文楽劇場で、三回に分けて「忠臣蔵」通し上演 »

2019.02.04

「二月大歌舞伎」(昼の部)を観る

「二月大歌舞伎」(昼の部)を観る
珍しく初日。
山川静夫さんをお見かけしました

大好きだった先代松緑(いやファンとしては辰之助さん、でないと
ピンと来ないのですが)、三十三回忌追善興行。
ううむ、そんなに経ったか、と言うか、自分そんな前から歌舞伎
見てたか、ってシミジミです(苦笑)。

昼は当代松緑初役の「すし屋」

つい12月に南座で仁左衛門さんのを「木の実」から見ているし、
さらにいきなり「すし屋」は、しかも朝っぱら(笑)からは、やはり
唐突ですね

何しろ維盛妻子が身代わりになっていると言うのは前段で顔バレ
してないと判らないのが…

松緑さんはいつもの語尾の悪癖はやや抑え目でしたが、やっぱり
セリフ聞こえがもう一つ。
「辰之助さん」はとにかく口跡と目力の人だったので、本当に
これは決定的に残念。
何だろう、絵のようにのっぺり貼り付いた表情から腹話術のように
セリフが聞こえてくると言ったら言い過ぎでしょうか。
まあ一時期よりぐっと身体を絞ったので、姿は良くなりましたが
もっとガンガン頑張って欲しいです。
弥左衛門に刺された後の倒れた姿もやや美しさに欠けたしなぁ。

祖父/父親の最盛期がインプットされているため、どうしても辛口に
なるのはお気の毒ではありますが…

菊之助くん維盛も初役だそうで、まだ堅い中、團蔵さん弥左衛門
さん安定の老けっぷり。
何度目かと言う梅枝くんお里も可愛くてよし。

梶原で芝翫さん。
一気に舞台が時代になりましたが、襲名以来、貫禄つきすぎて(笑)
やや動きにキレがないのが気になります。

まああと20年くらいしたら、あの頃は若かったねぇ、とか思うんで
しょうけど。

あと2番は所用にた失礼しました

|

« 映画「ヴィクトリア女王〜最後の秘密」を見る | トップページ | 大阪の国立文楽劇場で、三回に分けて「忠臣蔵」通し上演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「ヴィクトリア女王〜最後の秘密」を見る | トップページ | 大阪の国立文楽劇場で、三回に分けて「忠臣蔵」通し上演 »