« 東劇の席指定が既にできる | トップページ | 「エリザ」チラシがない、もしくは出し惜しみ?(笑) »

2019.03.17

「花髑髏」GEKI×CINE(4回目)

「花髑髏」GEKI×CINE(4回目)
遂にリアル観劇回数の倍、ゲキシネ見てしまいました(笑)
やはり2000円は安い
普通の映画が1800円だと思うと、3時間超えてこの値段はサービス
過ぎる
通常席が13500円だったことを考えると、少なくとも6回は見ても
良い気がします
(単なるマニアです)

今回は土日は品川での上映がないので、渋々(笑)新宿バルト「」に
行ってきました
同じ新宿三丁目ならピカデリーの方がロビーも広いし、発券機や
エレベーター台数も多く、夜終演後の出もバルトは階段になるし、
古くない割にごちゃついていて、おちつかないいので極力避ける
のですが、行きましたがやっぱり劇場はイマイチでした…

何よりオペレーション下手だし、特に入場オペレーションはアナ
ウンスのタイミングも含めて客に説明がなくてダメ。
開始週より倍の座席数スクリーンになりましたが、品川よりは画面
小さく残念

しかし飽きません。

ここまで来ると、一回くらい、髑髏党が勝利するんじゃないかと
思ったりするくらいで(笑)
錆びた刀を抜いた兵庫の隣にいきなり贋鉄がいてびっくりするので
すが、WOWOWを見るともう少し前から近づいて来ているのが判る、
また、喩えがWOWOWは「内海桂子師匠」じゃなかったですね

勿体無いのは、三五が最終的に捨側につくのが、彼をきちんと苗字
から呼んだのが捨之介だからだった、そこの伏線の回収がされない
ところでしょうか。

そう言えば蘭の中の人は、今流行りの「刀剣乱舞」の劇場版で信長を
なさっているようですが、それ以上に贋鉄が刀の名前を呼んで客席が
あれだけ沸くのは、やはり刀剣ブームのおかげでしょうね
(私は未だに聞き取れない。古田さん!(笑))

考えてみると誰も逃げを打った天魔の首を見つけていない(だから
沙霧は仮面を差し出す)のは、世間が思う信長と同じで、ひょっと
したら天魔は狙い通り逃げ仰せたのかも知れませんし、秀吉は信長の、
家康はその仮面を被った天魔の影に、脅威を感じているのかも。

もう一つ引っかかっているのは蘭も捨も「今度こそ」と言う言葉を
使っている事
「今度こそ間に合わせる」と言い、蘭が死ぬと「今度こそ自分の思う
道を行け」と言う。
二人とも御館様の死に殉じられなかった事がトラウマなんでしょう

しかしこの分だと、「カジノロワイヤル」の8回と言う、同一映画
鑑賞回数最高記録にかなり近づきそうで我ながら怖い(笑)

|

« 東劇の席指定が既にできる | トップページ | 「エリザ」チラシがない、もしくは出し惜しみ?(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東劇の席指定が既にできる | トップページ | 「エリザ」チラシがない、もしくは出し惜しみ?(笑) »