« 蜷川さん舞台を思い出したドラマ「二つの祖国」 | トップページ | ゲキシネ「髑髏」チラシ »

2019.03.26

ゲキ×シネ「花髑髏」を見る(東劇1回目)

Hana

Panel

Gekicine

やっとパネルをしっかりみました。

ゲキシネ用ポスターの他に、全「髑髏」ゲキ×シネチラシも発見
文字メイン、色デザインが懐かしい亀倉先生の産経能っぽくて、
別の意味で感激。

東劇、やはり見上げる態勢で3時間はキツイですね
平日だったので、ガラガラで、しかも単館なので、静か。

自宅で散々WOWOW版見てるのですが、それでは判らない細かいところ
(天魔のハーフサイズ?の仮面にイヤリングのような飾りが付いて
いるとか、オープニングのメタル扇を持つ手が意外に華奢とか(笑)
アップにすると、蘭兵衛の蘭の造花感が増すとか(笑)初めて確認
できたりしますが、逆に蘭×天の一騎討ちで、天がサクッと蹴りを
入れてたり、捨/蘭の一騎討ちを見下ろしている天が実際は蘭しか
見てない、とか、いつ長刀を手にしているかとか、天の格好をさせら
れた捨のアップに被る金属音がなんなのか、とか、そして、余りに
呆気ないゲキシネカテコを補充するにはやはりWOWOWでないとなので
結局どちらもやめられません(笑)

そして今更ながら、先日、新国立の「リチャード三世」リーディ
ングを見ながら、足に不自由を抱え、顔に火傷の跡を残した天が、
まさにリチャード三世そっくりだと思い当たりました。
三兄弟の末弟、のしあがろうとする判りやすい、正義よりも欲望の
ために手段を選ばないやり方、弱い相手でも、女性でも身内でも
平気で騙し、あっさり殺す
まあセコい(笑)
最期は正義に倒されても、あくまで足掻く、諦めの悪さ。

幕切れに「この城をくれてやる、馬を!」とか天魔に言わせてみたい
ですね。
もしくはあの出で立ちで成河くんにリチャード三世をして頂くのも
間違いなくあり。

あ、どうせなら、「ヘンリー六世」第三部からか。

|

« 蜷川さん舞台を思い出したドラマ「二つの祖国」 | トップページ | ゲキシネ「髑髏」チラシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蜷川さん舞台を思い出したドラマ「二つの祖国」 | トップページ | ゲキシネ「髑髏」チラシ »