« お知らせ。 | トップページ | 映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を見る »

2019.03.21

「ござる乃座59th」を観る

「ござる~」拝見は、ものすごく久しぶりで、千駄ヶ谷駅出口は
変わっているし、駅前のユーハイムも、津田塾ホールも角のATMも
なくなって、津田塾のキャンパス自体がが再整備されていました

久しぶりに伺ったのは無論、久しぶりの「靱猿」
いまや現役K大生のご子息がなさって以来ですから、10何年ぶり、
です。

しかし最近、芝居や歌舞伎観劇ばかりしていたら、3曲やって100分
弱が余りにも短く感じられました(笑)
(歌舞伎が長いのはいざ知らず、最近、新感線関係が長すぎるのに
慣れすぎなだけですが)

着物で狂言というような団体さまもいらしたし、久しぶりの万作家
公演、「ゴジラ」か「七会」かオリンピック繋がりかわかりませんが
ご新規観客さまが多い印象で、私語、拍手、咳エチケット諸々、
まあ子方が出るとある程度仕方ない事ですが、ずっと見所が落ち着き
ませんでした

犬童さん、河合先生とご常連さまもお見かけする

「鏡男」
万之介さんが鎌倉でなさったのが、未だに印象深い曲
石田さんをしても、あの飄々とした境地にはまだまだかな
高野さん妻は安定の大定番

「文荷」
上司の「趣味」にツッコミを入れる部下の話ですが、結局はラストの
「お返事」2連発がどう効くかですね
因みに以前、風のあるホールだか野外だかでやって、「お返事」が
逃げ回ると言う、珍しい光景をみたことがあります

「靱猿」
子猿は萬斎さんの姪御さんだそうで、顔は判りませんが、多分、
かなり小柄で可愛い子猿さんでしたが、片足の舞もぶれず、随分
お稽古されたのでしょう。
前回子猿の従兄弟のユウくんは今回、人力メーラー太郎冠者(笑)
声も顔もあまりパパに似なくなりましたか。
顔小さいけど、立体感があって、どっちかと言うと太一郎くん系?
万作さん、しっかり猿曳つとめられ、元気そうでした。
地謠(淡朗さん本格復帰の模様)も入り、華やかな一曲でした

次は、萬斎さんがお孫さんと共演、とか見る事になるんでしょうか(笑)

|

« お知らせ。 | トップページ | 映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お知らせ。 | トップページ | 映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を見る »