« 「シアガ」の志を継ぐ雑誌「Act guide」 | トップページ | 「髑髏城の七人」(花鳥風月極)のBlu-ray BOX、発売告知 »

2019.03.28

映画「美人が婚活してみたら」を見る

Bijikon

なんだか随分と不思議な映画でした
今をときめく(死語か?)田中圭くんと中村倫也くんをまとめて
見られると言うのに、都内ですら単館3スクリーンと言う小規模公開
(まあ、そのおかげで昼間もかなりの入り)
内容もほぼ屋内で大規模ロケもVFXもないローバジェット。
テレビ朝日制作らしいので、あるいは「おっさんずラブ」の
勢いをかっての、田中圭くん大プロモーション
資材と言うところでしょうか
敢えて言わせてもらえば、ドラマスペシャルでも、
もう少し派手じゃない?と思う感じでした。
何しろ中身はタイトル通りで、主人公のアラサー女子が
イケメン二人の間で贅沢に迷った挙げ句に、結局は
とりあえず自力で頑張るぞと言うオチで、
セリフじゃないけれど、美人が婚活したところで
期待したほどには何も起きず、画期的な描かれ方とか
キャラクターの掘り下げに捻りがある訳ではなく、
ラストに思わず「で?」と突っ込んでしまいました
中村倫也くんは相変わらずの美声に、毎回似て非なる
佇まいで、今回はどこまでもイイヒトな奥手商社マンでしたが、
最初のダサい私服と背広のギャップとタオルのターバン巻きが
ツボでした
さて、成河くんは主人公の不倫の元彼・前澤(名前がまた(笑))
役で、2シーンのみのピンポイント出演でしたが、珍しく
人殺しをしてない役(笑)
いや、人の気持ちは思い切りザックリやっちゃってましたし
ひょっとしたら裏設定は「絶対零度」の須藤さんかも知れません(笑)
ともあれ、カウンターの寿司屋で寿司を、前澤さんやり方で食べて
みたくなると言う効果はありました
手がやたらとクローズアップされる映画なので、手フェチには
堪らないかも(笑)
しかし、鍋のネギの切り方で、それほど違いって出たり
しますかね(←見た人向け) 
前澤さんも「実家は」とか言っとけば良かったのにね
純粋に目の保養になら、なかなかおすすめです

|

« 「シアガ」の志を継ぐ雑誌「Act guide」 | トップページ | 「髑髏城の七人」(花鳥風月極)のBlu-ray BOX、発売告知 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「シアガ」の志を継ぐ雑誌「Act guide」 | トップページ | 「髑髏城の七人」(花鳥風月極)のBlu-ray BOX、発売告知 »