« 「三月大歌舞伎」(昼の部)を観る | トップページ | やっぱりの(笑) »

2019.03.18

新国立劇場「こつこつプログラム」〜リーディング「リチャード三世」

メンバー発売日にチケット取りながら支払を忘れて取り直したため、
バルコニー席でしたが、リーディングだったので問題なし。

ゆくゆくは本公演目指すそうですが、まあ今回は若手の役者さん
たちがどう崩して演じようとも、戯曲が面白く、普遍性があれば
きちんと伝わり、きちんと芝居として成立する、と言う事、つまりは
さすが沙翁じゃ〜んと言う事を再確認できた事ではないでしょうか(笑)

と言うような軽さを狙っている割に役者さんが力み過ぎ(笑)
ヘイスティングス卿が薩摩だか長州だか、そっち訛りで話して
いましたが、例えば「ヘンリー五世」のように、違う言葉を話す
人間同士である事に合理的意味があるのかちょっと説明ないのは
どうかなとは思いました
一方、リチャードの自問自答を二人または
それ以上の人数での、かけあい漫才みたいにするのは、次から次に
悪事を思いつくリチャードのを表現するのに似合うやり方でした

今回は90分と言う事で、ヘイスティングスが殺されるまでで終わり
ましたが、結構細かい脇役まで登場させ、それぞれ活躍させたのは
面白かったです。
しかしやっぱり「馬を!」をやらないのは、「マクベス」でトゥモ
ロースピーチを、「ハムレット」で「To be〜」を聞かないのと
同じくらい物足りなかったですが、続きはあるのでしょうか…
あるなら、落ち着いてでも早口でもきちんとセリフを届けられる
役者さんでお願いしたいですね

|

« 「三月大歌舞伎」(昼の部)を観る | トップページ | やっぱりの(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「三月大歌舞伎」(昼の部)を観る | トップページ | やっぱりの(笑) »