« 千鳥ヶ淵の夜桜見物 | トップページ | 「エリザベート」2019年版 »

2019.04.03

「奉納 靖国神社夜桜能」(第一夜)を観る

久しぶりに寒かったですが、途中雨もなく、狂言始まるまでは風も
なく、絵に描いたような満開の桜を堪能させていただきました

火入れから笛が幸弘さんで、徐々に能管で演奏してるとは思えない
エラい事になるのも例年通り(笑)

狂言は萬斎さん(太郎冠者)、高野さん(次郎冠者)、裕基くん
(主)による「棒縛」
余りにオーソドックスな演目でしたが、あの見づらい見所からなら
これくらい判りやすいのが一番です。
まあ言ったら桜がメインですし(笑)
裕基くんの主もキリリとして良かったです

余りに寒いので、能は失礼しました。

|

« 千鳥ヶ淵の夜桜見物 | トップページ | 「エリザベート」2019年版 »

能&狂言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千鳥ヶ淵の夜桜見物 | トップページ | 「エリザベート」2019年版 »