« 「Dinner ダイナー」キャスト第2弾発表 | トップページ | 新国立「オレステイア」の上演時間に驚く »

2019.06.06

「海辺のカフカ」を観る

KafkaKafka1

赤坂ACTシアター

初演も見てますが、全く「村上ワールド」が判らず、呆然とした
過去があるのに、ファイナルと言うので、性懲りもなく見に行き
ました(苦笑)

その間、判らないなら原作を読む努力くらいしておけば良いものの
それもしていなかったので、当然ですが、今回も色々判らないまま、
途中記憶をなくし、いつの間にか終了してました(さらに苦笑)

さすがに印象深いシーンの連続なので、展開は覚えていましたが
原作ファンには世界観の再現度とか、セリフの使われかたとか、
楽しみ方があるのでしょうが、やはりそれらを理解出来ない脳みそ
には、感動ポイントを見つけられないまま終わった3時間20分
でした

それどころか、ACTの椅子が座るに向かないのか、見える角度に合わ
せて無理な体勢を私が取っていたのか、帰宅したら久しぶりに、
ぎっくり腰一歩手前レベルの腰痛にやられ、ダブルパンチ

まあ、現役の手打くん、周本さん、と言うネクストメンバー、さらに
今は卒業され、あちこちの舞台で活躍中の土井ケイトさんが頑張って
いたのを見られたのは良かったし、何より岡本くんの大島さんが絶妙の
ラインを攻めていてお見事でした

岡本くん、シェイクスピアシリーズでは今は「新国立劇場」陣営
ですが(笑)、さいたまシェイクスピアシリーズ中、屈指の仕上がり、
そして鋼太郎さんの名前を世間に知らしめた「タイタス・アンド
ロニカス」初演エアロンさまは、やはりさすがでした。


|

« 「Dinner ダイナー」キャスト第2弾発表 | トップページ | 新国立「オレステイア」の上演時間に驚く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「Dinner ダイナー」キャスト第2弾発表 | トップページ | 新国立「オレステイア」の上演時間に驚く »