« いよいよ「永遠のニシパ」オンエア | トップページ | 「解体新書その参拾~特別版『5W1H』」(3) »

2019.07.13

「いだてん」第2部、面白い立ち上がり

やはり、真面目を絵に描いたような金栗さんより、破天荒な田畑さんの
方が、大河らしくて、見ていて面白いです

無論、阿部さんの魅力も凄くあります。
因みにダンスの近藤良平さんが、田畑の動きに振りを付けているとか。

井上さん演出も効果的でしたし、「火焔太鼓」の下げとのリンクも
素晴らしかった。

後半は七之助くんが兄と入れ替わりに圓生役で登場されるそうです。
志ん生と圓生については井上ひさしさんの「円生と志ん生」で
戯曲化されているように 大陸慰問に一緒に行っているので、そう
したエピソードも入ってきそうですね

|

« いよいよ「永遠のニシパ」オンエア | トップページ | 「解体新書その参拾~特別版『5W1H』」(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いよいよ「永遠のニシパ」オンエア | トップページ | 「解体新書その参拾~特別版『5W1H』」(3) »