« 「凪のお暇」で久しぶりに高橋一生くんの「正しい使われ方」を見る(笑) | トップページ | 「朝のライラック」を観る »

2019.07.20

国立劇場で歌舞伎と能楽のコラボ公演開催

以前、三響会で、萬斎さんと幸四郎さん(当時は染五郎)との
「三番叟」競演を見たことがありますが、今回、国立劇場で、萬斎
さんと海老蔵さんの「二人三番叟」をはじめ、歌舞伎と能楽の伝統
芸能内異種競演の「第二回 古典芸能を未来へ」が8月末に開催
されるようです

国立劇場大劇場で公演し、隣の小劇場で4Kでリアルタイムのパブ
リックビューイングをやるとか!

しかし、何しろチケット代が高い。
S席20000円、一番安い2等で8000円らしいので、行くにしても
パブリックビューイングしか手は出ませんが、多分一等から売れる
んでしょうね…

|

« 「凪のお暇」で久しぶりに高橋一生くんの「正しい使われ方」を見る(笑) | トップページ | 「朝のライラック」を観る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「凪のお暇」で久しぶりに高橋一生くんの「正しい使われ方」を見る(笑) | トップページ | 「朝のライラック」を観る »