« 「秀山祭九月大歌舞伎」吉右衛門さんが復帰 | トップページ | 京王線でロシア語アナウンスが流れた。 »

2019.09.19

「愛と哀しみのシャーロックホームズ」を観る(2回目)

Homes

萬斎さんが出演された「ベッジ~」は数回見ましたが、そうでない
三谷さん舞台をリピートしたのは多分初めてです。

恐らくですが、私には三谷さんは「コメディ」より「シリアス」、
「シリアスだけ」より「推理込み」が感覚に合っているのかも
しれません

初日を観てから2週間経った変化もあり、また判って見ての新たな
感想、また前回書き忘れたツボもありましたが、前回は全体の流れ
ばかり記憶に残ったようで、意外に細かいセリフとか、仕草とか
見たはずなのに覚えていない部分が結構あって、結末を判っていても
今回もちゃんと楽しめたのが何よりでした。

チラシにも使われていた登場人物のビジュアルですが(撮影可でした〕
てっきり写真だと思っていたら、イラストだったそうで、ロビーに
原画が飾られていましたが、その精緻さにびっくりしました。

更に、開演前に流れていたのが、(多分)NHKでやっていたドラマと
同じ、バイオリンの悲しげ、かつ一種の緊張感を醸す旋律が印象的な
あの曲だったのにも驚きでした(多分)
気分、盛り上がりますよね(笑)

一番のツボは、広瀬さん演じるバイオレットが、横田さん演じる
シャーロック兄のリクエストで演じてみせた出演舞台「ヘンリー五世」の
アリス役の一場面。
パンフレットによれば、以前の三谷さん舞台で、藤井隆さん演じる
役者が出演していた作品が「ヘンリー五世」と言う設定があったそうで、
いわば「作品外リンク」との事でしたが(昔、「踊る~」の本広さん
たちスタッフがよく好んでやっていた仕掛けですね)、その前提を
知らない私から見れば、勿論、短期間に上演回数それほどでもない
「ヘンリー五世」に、それぞれ別の役で2カンパニー続けざまに出演
された横田さんへのリスペクトかと思っていました。

因みに五幕二場は、ヘンリー王が、アジャンクールの戦いに勝ち、
その賠償の一つとして、フランスに要求したいわば戦利品である
キャサリンを口説くシーン。
立ち会わされたキャサリンの侍女・アリスは、二人の丁々発止?の
やりとりを、リアクションしながら眺めていて、遂にキャサリンが
okしたところに、父のフランス王(さいたま版では横田さん)が
戻ってきて、アリスがまた慌てふためくと言うシーンなので、
アリスにはセリフがないのは戯曲通り。
しかしそれ以上に、アリス、は演じている広瀬さんの名前だし、
さらにその後、バイオレットはランタンのゲーム中に、フランス語で
「キラキラ星」を歌うシーンがあり、バイオレットの中の人、は
苦労されたかもしれませんが、「ヘンリー五世」のアリスは、
フランス宮廷に仕えている設定なので、フランス語の歌を歌える
ところと繋がっているなと思いました
(深読みし過ぎ?)

やはり初日より掛け合いのテンポも良くなっていましたし、最後
までダレずに楽しめて本当に良かったです。

|

« 「秀山祭九月大歌舞伎」吉右衛門さんが復帰 | トップページ | 京王線でロシア語アナウンスが流れた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「秀山祭九月大歌舞伎」吉右衛門さんが復帰 | トップページ | 京王線でロシア語アナウンスが流れた。 »