« 「まなざし」を観る | トップページ | 「NHK音楽祭」で、モーツァルトを聴く »

2019.10.16

「ジーザスクライストスーパースターinコンサート」を観る(2/千秋楽)

JcsSign

台風による公演中止で、ただでさえ4日間6公演と言う短い予定が、
3日4公演になった「ジーザス~」コンサート

実はこの時期、日によって舞台を見に行けなくなるリスクが予め
判っていたので、絶対見逃せないこれだけは贅沢を承知で2公演
チケット押さえていました。
幸い両公演とも開催され、私も行く事ができたため、結果的に全公演の
半分と言う、私のような来日ミュージカル素人には「猫に小判」状態で、
もっと熱心なファンには申し訳ないですし、この僥幸を無駄には
さすがにできないので、倍くらい気合いを入れて聞いて見てきました。

開場前に当日券の抽選をやっていましたが、普通にコンビニで
引くような紙の抽選箱でした。
13日と違って一人1枚限りだったようですが、どれくらいの確率
だったのでしょうか。

因みに私の近くに、一幕と二幕で座る人が違った席がありました。
ひょっとして友達同士で1枚だけチケット取れたか、当日券一枚だけ
当たって、交替でご覧になったのかもしれず、人気の程を感じました

14日は予定通り13時開幕で、私の視野範囲(3階席)からは満席に
見えました。

オーブの3階席は多分南座と双璧の急勾配と足元の狭さですが、
前日発見?してしまった「ヘロデくんスペース」(笑)が丁度目線の
真正面先。

ただし字幕の位置が左右どちらも自然に視界に入らない上に、舞台
から客席に向けた照明が結構目を直撃するので、舞台を直視できない
タイミングが結構あり、やはり前日の2階席より制約は多く、結局
字幕を見るのは諦め、歌うキャストを追うのと(それでも皆さん
動きが早くて時々見失いました)、ヘロデ王のリアクション観察に
専念しました

しかし前日から思っていたのですが、外国の余り見慣れない方は
余程特徴がないと、なかなか見分けが付かないですね。
WOWOWオンエア版のジーザスとユダは完全に特徴が違っていたので
素人にも判りましたが、今回は二人揃ってシュっとした二枚目な上に、
揃って美声だし、役柄らしい扮装やメイクをしないので、尚更どっちが
歌っているのか、途中判りにくくて困りました
(私が、歌舞伎役者さんがどんなに化粧をしていても、扮装でも
声か身体の特徴でだいたい判るのと逆)

その中で印象深かったのは、ピラト役の方。
ジーザスはたしかに
変な奴だけど、だからと言って別に殺さなくても鞭打ちだけじゃダメ?
とか、悩める総督ぶりで、個人的にはジーザス、ユダよりツボでした。
調べたら、ブロードウェイやウエストエンドでバルジャンとかなさって
いた方だそうで、宜なるかな、でした。

さて。
あれこれ来日キャストについてこれ以上書いても無知を晒すばかりなので
ヘロデさま話。

まずは千秋楽後、成河くんが衣装をサイトにアップしてください
ましたが、スーツはシルバーではなくて、紫でした。
(紫衣(しえ)、と言えば日本では最高位の色ですしね)

この日のヘロデ王は前日以上にノリノリで、海宝シモンの「好き好き、
ジーザス~」(笑)のショーストップ状態には大いに喜び、同じ高さに
いるキーボードさんにも「ねぇ、見た見た?」と指さして巻き込む一方、
ピラトにも言われて、降りてきてトレンドワード1位の人物に会って
やったのに、ジーザスが水をワインにしてもくれないし、病人を目の前で
治しもしない塩対応と見ると、チコちゃん張りに「つまんね~ヤツ」と
あっという間に興味を失い、さっさと自席に引き返し(いや本当に
凄い速さだった)ました。
あとは完全に寝オチし、決着ついたらポケットにペットボトルを入れ、
首に手をやり、伸びをしながらの、完全寝起きっぽさ炸裂させてさっさと
撤収していかれるまで、全てがヘロデ王の生理として納得できました。
あの感じはちょっと「天魔」感ありあり(笑)

いよいよ自ナンバーとなった時の、「満を持した」っぷりがまた(笑)
最初は何となく降りてきたふりをしてから、一度勿体つけて戻り、
客席にちゃんと拍手するよう強要。
咳払いが、ちょっとコロッケさんの森進一真似風(笑)
客席降りの時は最前線角の観客の頭をポンポンと叩くし(!)、
最前線の前通路を観客とタッチしながら通るわ(「ブルオレ」の
「椅子ドン」とか、中の方の行動はかなり不意を突いてこられます)!

しかし、この回、一番スゴっと思ったのは、
「♪change my water intowine~」
の歌詞の時に、降りてきた自分の席の方を、片手を伸ばしてガッと
指さした事。
そこには確かにご自身のペットボトル(の水)がある訳で(勿論、
それまで目でヘロデを追ってない観客には判らないにしても)、元々
そのつもりでペットボトルの水を持っていたとしたら!
ちょっと鳥肌たちました。

カーテンコールは千秋楽でもあり、ちょっと長めで、何回目かに
客席にいた演出家さんも登場したり、アンサンブルを含めた日本
キャストを真ん中に集めたり(真ん中に壮麻さんいるのに、成河
くん最後まで遠慮してました)

そう言えば成河くんの今回のカテコのルーティンは(「エリザ」では
両脇のお二人のドレスの裾を弄る、だった)足を交差させて立つ、
でした(笑)

まあとにかく、成河くんに引っ張られる形で、来日キャストも出演
するミュージカル(コンサートにせよ)に初めて行きましたが
歌は歌詞を判らなくても上手い人は解るし、何より「ジーザス~」
の楽曲は知ったものでもでなくてもキャッチーなものばかりで、
十分楽しめました。

欲を言えば、もう少しでいいからヘロデ王ナンバーがあったら
良かったです
言っても無駄ですが(笑)

あとはWOWOWが映像撮っているかどうか。

まずは既に告知の「グリーン/ブラックス」の壮麻さんと成河くんでの
「ジーザス〜」回が今から楽しみです


|

« 「まなざし」を観る | トップページ | 「NHK音楽祭」で、モーツァルトを聴く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「まなざし」を観る | トップページ | 「NHK音楽祭」で、モーツァルトを聴く »