« NHK「うつ病を生きる常識」 | トップページ | 勿論、観劇マナーの問題。でも、最近は劇場の携帯電波抑制装置は効かない? »

2019.11.19

「吉例十一月顔見世大歌舞伎」を観る

201911KaomiseKaomise1Kangyoku

早くも歌舞伎座に櫓が上がる季節になりました。
これで、京都に「まねき」が上がれば、もう年末間近、一年は早い…

今月の歌舞伎座は、昼夜まとめて1日で見ました。

夜の部「菊畑」
「鬼一法眼三略巻」は、これと「一條大蔵譚」しかそもそもかかり
ませんが、この二つにも繋がりが(鬼次郎の存在くらいしか)感じ
られず、全体がどんな物語なのか全くピンときません。

更に言うと、個人的には「一條」に比べて、「菊畑」は何回見ても
面白さが判らないのがツラい(笑)

今回は梅丸くんの莟玉襲名狂言と言うので選ばれたのでしょうし、
季節的にも良い選択ですが、人が出たり入ったりして終わり、内容は
やっぱり、なにが何だか(苦笑)

しかも芝翫さんの鬼一は枯れ感ゼロで逆に無理があるのをはじめ、
莟玉くん以外、皆さん年齢的に…(苦笑)。
いや、莟玉くんは本当に瑞々しさが良かったので、一度、年相応の
配役で見たら面白いのかも知れませんし、もっと全体像が判ると
面白くなるのかも知れませんが。

昼の最初は「研辰の討たれ」
余りに話題になったので、最早野田版がスタンダードと思ってしまい
がちな「研辰」ですが、今回のがいわばオリジナル。
しかし、これを拝見する限り、勿論、令和時代らしさがつけ加え
られているとしても、「天晴れじゃ!」と叫ぶお姫様はいなくても、
変なからくり人形が出なくても、十分に面白かったです

野田版にも出演していた幸四郎さんの、勘三郎さんを彷彿とさせる
芝居巧者ぶりはさすが。

辰次を追う、平井兄弟役の彦三郎、亀蔵のリアル兄弟も大活躍。
しかし、よほど毎日幸四郎さんがアドリブを炸裂させているらしく
亀蔵くんが「全く毎日毎日…」(敵討ちの相手に毎日会う筈はない
のに(笑))と呟き、「さあもう満足か?」と言っていたのも、かなり
笑いました。

野田版で、仇討ちの見物人たちが、徐々に辰次を気の毒がり始める
大衆の気分屋っぷりが印象的でしたので、そこが野田さんの平成
的解釈かと思ったら、こちらのバージョンにもちゃんと同じ場面が
あって、大正時代の現代的感覚に感心しました。

「髪結新三」
菊五郎劇団の最強レパートリー
去年、菊之助さんが国立でなさいましたが、やはりパパの一筋縄
ではいかないオヤジっぷりには、まだまだ敵いません。
ちょっとお痩せになったらしく、尻端折姿も違和感なし。
ただ、新三が苦手なのは、忠七への嫌がらせと、お熊誘拐の件。
これをスカッと思えるのは、新三の更に斜め上を行く、大家・長兵衛
じいさんのラスボスっぷり。
これが決まらないと新三が単なるヤな奴になってしまうのですが
今回、さすが左団次さま、もう、つかみ所のない曲者っぷりが最高
でした。

時蔵さん、團蔵さん、梅枝くんに、萬次郎さんに、権十郎さんと
絶品のアンサンブル。

勿論、菊之助パパはドラマでご不在でしたが、丑之助くんが、丁稚
役で頑張っていました。

時間の都合等もあり、夜の「連獅子」以降は失礼しました。

|

« NHK「うつ病を生きる常識」 | トップページ | 勿論、観劇マナーの問題。でも、最近は劇場の携帯電波抑制装置は効かない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHK「うつ病を生きる常識」 | トップページ | 勿論、観劇マナーの問題。でも、最近は劇場の携帯電波抑制装置は効かない? »