« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020.05.31

「麒麟がくる」に内田くんが出演!

Uchida1Uchida

いよいよ風間元康(家康)くん登場し、三英傑が出揃い
ました
(この人が江戸城作ったら「夢の国」になっちゃう、とか
ちょっと思いましたが(笑)

さて元康の叔父役の横田さんも再登場、また、今川の臣下
役で山口馬木也さんと、鋼太郎さんこそいないものの、また
もや元蜷川組俳優さんが次々登場した今日の「麒麟がくる」、
個人的最大のニュースは、信長家臣で、桶狭間奇襲案を進言
したと言われる、梁田政綱役で、内田健司くんが登場した
事でした。

クレジットを見逃していたので、いきなり、染谷信長の
下問に答える声に「聞き覚えあり、まさか!」と画面ガン見
しました。

更に、これもベテラン舞台俳優の佐藤誓さんが、今川家臣
役で出演されていて、「イケボ祭」回でした(笑)

内田くん、桶狭間が次回と言う事はもう一回くらいご出演
かしら

| | コメント (0)

2020.05.28

リメイク「柳生一族の陰謀」は、何故か何回見ても笑いが先立つ。

オリジナルは、公開当時は東映による新機軸な時代劇、で
続く「赤穂城断絶」共々、当時結構ヒットした記憶があり
ます。
まあ、なんだかんだ言っても、そこはやっぱり東映、そして
何と言っても深作監督でしたから、仕上がりは、どう見ても
時代劇版「仁義なき戦い」だったのですが、時代劇定番の
勧善懲悪でないところや、生々しさやエグさが、疲れるけ
れどエンタメとして面白かった記憶があります

で、それを、今回NHKが東映と組んでリメイク。
(NHKは連ドラ「大岡越前」でも似たようなリブートを
していますね)

オリジナルで錦之助さんが演じた柳生但馬を鋼太郎さん、
千葉さんが演じた息子の十兵衛を溝端くんと言う、蜷川
さんの「ムサシ」を連想する組み合わせ。
そうそう、鋼太郎さんは「麒麟」でも長谷川くんと、元蜷川
組らしい息のあったやりとりをしていますが、考えてみれば、
二人が共演した「ヘンリー六世」も、世代を継いでの血み
どろの権力闘争物語ですから、シェイクスピア版「仁義
なき戦い」と言っても、過言ではないかも(笑)

さて、リメイク「柳生~」ですが、鋼太郎さん以外も、
斉藤由貴さん、美村里江さん、山田純大さんに宅間伸さん、
高橋克実さんに榎本孝明さん、と時代劇らしい(特にオヤジ)
顔ぶれが揃っていましたし、若手もアクションとか頑張って
いましたが(申し訳ないが名前が解らなかった(苦笑))
とにかく皆、力み過ぎ、ツッコミどころ満点で、見ていて
ひたすら疲れました

現代劇に比べたら、叫んだりするシチュエーションに違和感
ないはずなのに、矢鱈に疲れた、登場人物が力めば力むほど
鋼太郎さんでさえ、寧ろ見ていて笑えてしまいました。
表面が多少ガチャガチャしてても内面から滲む、人間味
とか深さ、存在感が見られればそうならない気がするの
ですが、これは何かみんながひたすら悪ぶり、二次元の
キャラクターのように実体が薄く感じられたからのような
気がしました。

特にラスト、但馬が片腕を十兵衛に斬られた状態で、家光の
首を抱えているシーン。
不気味さや、但馬の本心、そして陰謀の全貌に物語が収斂
されていくクライマックスの筈が、余りにも首が安っぽい(笑)、
コメディかギャグかと思いました。

しかも、鋼太郎さんが片手ですからね(笑)
蜷川シェイクスピアシリーズファンなら、直ぐに「タイ
タス・アンドロニカス」初日、斬られて既にないはずの
腕を熱演のあまり動かしてしまった鋼太郎さんに蜷川さんが
気づいて芝居を止めたエピソードを連想してしまう訳で
(最新号の「+ACT」インタビューで、偶然横田さんがこの
エピ話をしている)、鋼太郎さんがあのシチュエーションの
セルフパロディをやっているようにしか見えなかったのも
残念でした

これが映画で、大スクリーンで見たなら、それなりに迫力
ある芝居が映えたかも知れませんし、だったら舞台でやる
のもありだったかも(それなら首がリアルでなくてもまあ
許される)

心理戦で見せるのか、派手なアクションを見せるのか、割り
切れなかった感じで、NHKにしては正直期待外れでした

| | コメント (0)

対面してなくてもドラマは作れる

バラエティや情報番組がいち早くリモート対応になった中、
連続ドラマは「三密回避」できないため新撮が止まり、6月
には先撮りしていた大河、朝ドラもストックがなくなり放送
中断するようですが、そんな中、民放より早くNHKが、全
非対面撮影ドラマを3本オンエアしました。

中でも抜群の出来だったのが、最後の「転・コウ・生」

キャストが柴咲コウ、ムロツヨシ、高橋一生という、「直虎」
トリオに脚本も「直虎」の森下佳子さんと言う、「直虎」
同窓会のようでした。

それぞれ自分自身を演じていましたが、タイトル通り、大林
監督のかつての名作映画を連想させる、ナカミの入れ替わる
物語。

「入れ替わってる~!」とかは新海監督の「君の名は」の
代表的セリフをそのまま流用。
しかも柴咲「コウ」さんに高橋一「生」くん出演と、タイ
トルだけで膝打ちまくりました(笑)

先ず、ムロさんとコウさんが入れ替わり、続いて一生くんが
コウさんとこの猫と入れ替わり(一生くん猫はかなり可愛い)
更に3人と1匹がぐるぐる入れ替わる様を、四分割画面で
見るのはかなり面白かったです

かつて携帯電話などなくて、勿論テレビ電話もメールも
SNSもなかったため、約束は口頭(対面か家の固定電話)か
手紙、予定が当日急に変わったり遅れても連絡したり、事情を
説明する方法がなかった頃には、こんなドラマなど間違い
なく成立しなかった訳で(ラジオドラマならギリギリでき
るか)、直接会わなくても顔を見て話ができる今だから
こそ出来るドラマだと思いました

| | コメント (0)

2020.05.20

呆気なく軽い熱中症になる。

全く笑えない話ですが、暑かった日中、ケチをして、エア
コンを入れず、プチ断捨離に熱中していたら、2時間くらい
して、顔が真っ赤になり、凄い頭痛がして吐き気までして
きました。

考えたら片付け荷物に囲まれて動けなかった事もあって、
何も飲まずにいたのも拍車をかけたようです。

慌てて冷蔵庫のOS-1ゼリーとスポーツドリンクを飲み干し、
冷凍庫に入れていた保冷剤を氷枕の代わりにし、冷房を
ガッツリかけた部屋で丸2時間バッタリと寝込み、何とか
復活しましたが、翌日まで暫く吐き気は残りました。

熱中症なんて、屋外でなるもの、と思ってましたが、室内
でもあっさりなるものだと実感しました
急に気温が上がり、体調がついて行けなかったのもありそう
です。

これでマスクまでしていたら、もっと呆気なく熱中症に
なりそうな気がします。

要注意。

| | コメント (0)

珍しく、渋谷駅ハチ公前に歌舞伎座の広告が出る

Kabukiza

丁度、日経にコロナ禍で、渋谷駅前の巨大広告にスポンサーが
付かない事態が起きている、と言う記事が出ていましたが、
そのまさに渋谷駅ハチ公口の壁面、二分の一サイズですか、
歌舞伎座の、しかもちょっとテイスト微妙なコピーの広告が
出ていて、かなりびっくりしました。

多分この形状になってから、渋谷駅のここに、歌舞伎座の
広告を見るのは、初めてな気がします。

本当は團十郎襲名披露公演の広告を、派手に渋谷で打つ
予定だったのかも知れず、あるいは、5ヶ月近く(今の予定
では)本公演を打てないと言う異例の状況から、余り例の
ない、広告を打つ事にしたのかも知れません。

しかし、次に歌舞伎座で公演が見られるのは、いつになるのでしょうか。

| | コメント (0)

2020.05.19

「麒麟がくる」、第2ステージに。

前回の、道三様の壮絶な死と、コミックリリーフだった、
叔父上の渾身の説得シーンで終わりを迎えた、「青春美濃編」

17日から、いよいよ朝倉家に奇遇しての、「越前臥薪嘗胆
編」が始まりましたが、何と言っても、誰だ、このイケ
オジと思ったのが、豪放磊落なキャラが定番の柴田勝家を
涼やかに演じる安藤政信さん。

着物姿、格好良かったですし、ゆくゆくは、お市の再婚
相手ですから、イケメン勝家、ありですね。

しかしそれ以上のインパクトは、勿論、ユースケの朝倉義景。
最近のユースケの定番パブリックイメージ、胡散臭さと
テキトーさが炸裂しまくり。

あの生真面目な「踊る~」時代のユースケのイメージは
いつから影を潜めたんでしたっけ?(笑)

更に、謎の伊呂波太夫がどうやら、京都の有力公家、近衛家の
縁者らしいとサラッと明かされたり(そう言えば再放送中の
同じ池端さん作の大河「太平記」でも猿楽一座の座長・
花夜叉が楠木正成の妹だったと言う設定でしたね)、更に
越前から遠く離れた尾張では、高政(義龍)の仮病使っての
弟2人の暗殺と、道三による飲み物を使っての婿暗殺を
まとめて(笑)応用し、信長くんが弟を仮病で呼び寄せ飲み物を
使って暗殺と、主人公・光秀は完全置き去り状態で話がどん
どん展開。

カラフルすぎる色設計、とか、麦ちゃんキャラがしっくり
こないとか、細かい話をしていたのが懐かしい程、一気に
全体キナ臭くなりました。
しかしそろそろ撮影ストック尽き、6月になると放送休止に
なるそうで、せっかく面白くなってきたので惜しいです。

| | コメント (0)

2020.05.18

「STAY HOME」で教育テレビ(Eテレ)の奥深さを再認識

総合は常時逆L字に文字情報が出ていて、見ていて落ち
着かず(しかも更新頻度が低い)、民放はスペシャルや
ディレクターズカット版と言う名目の再放送多発で目新しさに
欠け(極くたまに有難いのがある)、そうでなければコロナ
ニュースの繰り返しばかり。

流石に若干うんざりして、試しに教育テレビを付けっぱなしに
してみたら、まあ細分化された世代、ニーズに、強烈に特化
した番組を次々やっていて、びっくり。

しかも、時々、地味にやるには面白すぎる番組が前触れも
なく出てくるのには驚きました

1番組が短時間(15分、10分、5分、たまに1分)のため、
新聞の番組表では、番組名が省略されすぎて何だかさっぱり
なのは昔からですが(例えば「▽シャキーン▽かっぱ▽あ
▽ピタ▽ぱあ」▽ミミクリ、と言った調子)、今回、休校の
児童・生徒向けに、サブチャンネルで特別編成もして、更に
凄い数の番組を粛々とオンエアしています

まず面白かったのが、小学生のプログラム向けらしい「テキ
シコー」(●●的思考、のこと)
「2355」とか「ピタゴラスイッチ」と同じ、佐藤卓さん監修
ですが、解き方、考え方のヒントはあっても答えは最後まで
示さない、と言うのが凄い。
正直、終了後も解けない問題を考え続けています

また、日本史の偉人を二等身の可愛い猫の世界で描く10分
アニメ「ねこねこ日本史」
原作漫画があるそうですが、僅か10分に、かなり深掘りした
内容を詰め込みまくりながら、図柄はあくまで二等身ネコの
ギャップが凄い。

例えば謙信と信玄の「敵に塩を送る」も、前段の武田/北条/
今川の同盟と、新興勢力の織田/徳川の関係をきちんと踏ま
えた上で描いていて勉強になりながら、そこに「ネコは
塩の取りすぎはダメ」とか、ネコ解釈がサラッと入るのも
絶妙。

卑弥呼も、難しい大陸との関係や金印も描いていましたし
緒方洪庵や、塚原卜伝など教科書だと一行で終わってしまう
ような人物が登場するのもなかなか。

ティーンエイジャーの趣味や特技にフォーカスする「沼に
ハマって聞いてみた」は、前から見ていましたが、11日
には「巣ごもり」もあって大ヒットしているゲーム「あつ
まれ、どうぶつの森」を大特集。
NHKは「公共放送」と言う立場から、具体的な市販品の
名前を出したがらないのに(「セロテープ」とか「ホッチ
キス」「バンドエイド」とかも厳密には言い換えてます)
まさか、特定のゲームを取り上げて、ゲームのやり方や
楽しみかたを具体的に画面で紹介していたのには、時代は
変わったなぁと感心しました
(ゲームにさっぱり疎いので、説明されても全然分からな
かったですが(笑)

勿論、子ども向けばかりではありません
「きょうの健康」や「きょうの料理」は平常運転ですが、
「しゅみドキ」で、体幹トレーニングを特集したり、「日曜
美術館」では、疫病は古今東西どのように描かれてきたか、
とか(國芳などの「疱瘡絵」を紹介)、アマビエについて
特集し、そのルーツ、賛同してアマビエを描いたヤマザキ
マリさんのインタビューを紹介したり、いきなりド正統な
「ルーブル美術館の歴史」をやる余裕まで。

また「らららクラシック」は、在京オーケストラメンバー
60人による、リモート版「ウィリアム・テル序曲」を放送
したりと(正直、何故か見ながら号泣…)、それぞれの番組の
得意分野がはっきりしている教育テレビならではの番組作りに
改めて、蓄積してきたノウハウの強みを感じました。

侮れず、Eテレ(でもやっぱりこの言い方、好きになれない(笑))

| | コメント (0)

2020.05.14

第45回菊田一夫演劇賞

若干旧聞ですが、4月末に第45回の受賞者が
発表されました

大賞は「SHOCK」シリーズの功績で堂本光一さんほかに、
「海辺のカフカ」「終夜」の岡本健一さん
「ビッグフィッシュ」の川平慈英さん
「リトル・ウィメン」「天使にラブソング」の
朝夏まなとさん、そして
「天保十二年のシェイクピア」の高橋一生くんが受賞されました。

東宝系がどうしてもメインになるため、ミュージカル出演者が優位に
なるのは仕方ないのですが、その中で、岡本さんだけ、対象作品が
どちらもストプレ、というのがやっぱりすごい。

しかし今年は既にいくつもの印象に残るはずだった作品の上演が中止に
なっていて、本当に残念でしかありません

| | コメント (0)

2020.05.13

「大奥」を改めて通読。ついでに映画も再見

「STAY HOME」GW(ガマンウィーク)で思い付いたのが、
定番の断捨離もどき(笑)

で、久しぶりにバラバラと並べていたマンガ単行本を並べて
みたら、「チェーザレ」の買い忘れたと思っていた11巻が
見つかったどころか、9巻と10巻など、2冊ずつあって
びっくり。

発売間隔が開き過ぎていて、買った事も読んだ事も忘れて
いた模様。
歴史本レベルのため、マンガとは言え、読み進むのがなか
なか難儀だったりもするんですけど、2回目買った時に
「読んでるわ」と思い出さなかった方が問題ですね(苦笑)

逆に「大奥」は、全巻あると思っていたら最新刊がなく、
慌てて「密林」をポチり。

改めて通読すると、やっぱり本当に良くできた作品でした。

よしながふみさんは、仕事で「アンティーク」を読んだ
のが最初ですが、個人的にはやはり「大奥」がベストかなぁ
(「何食べ」はドラマのみで原作未読のまま)

そんな絶妙なタイミングに、衛星劇場が映画版「大奥」
2作を連続オンエア。

どちらも映画館で見ていますが、ロードショー時も思い
ましたが、原作のカットやセリフを忠実に再現したシーンが
多くてスタッフ、キャストの原作へのリスペクトぶりに
改めて感心しました。

そう言えば、このマンガも、男性のみとは言え、原因不明の
疫病が蔓延した、と言うのが根本の設定で、こうやって
コロナウイルス禍下で読み直し、見直すと、あながち突飛
とも思えなくなります。。

因みに原作はいよいよ幕末に入りましたが、家定、家茂は
女性ですが、慶喜は男性の設定、何より、和宮の替え玉で
降嫁した、「偽」和宮が女性と言う捻り具合で、今後、
史実では、将軍職に就くも、辞職して蟄居してしまう慶喜に
替わって、実家に裏切られた天璋院と共に、江戸城の鮮やかな
幕引きに貢献する事になるのですが、果たして
よしなが
さんはどんな風に「料理」するのか、楽しみです

| | コメント (0)

ゲートウェイって、やはり言うのも書くのも長い

Takanawa2TakanawaTakanawa1

高輪新駅を初めて使いましたが、駅周辺が全然できておらず、びっくり
しました

山手線と京浜東北線だけしか停車しないので、駅としてはシンプルな構造。
更に日本の駅には珍しく、天井が高くて、ちょっと海外の駅のようです。

開業時、噂になった明朝体ロゴの、駅名表示板。
確かにちょっと違和感があるのは、駅イメージのスマートさと、明朝の
昔ながらの感のミスマッチ、そして最近公共表示にUD系書体が多くなったのに
慣れてきたからかもしれません。

また、混雑する基幹駅でトラブルなく働けるのか気になっていた案内
ロボットも残念ながら「休業」でした

駅すぐ外には大規模なイベント会場になるらしい場所もあり、
今の状況が解除されれば、駅自体共々、活気溢れる話題の
スポットになるのでしょう。

しかし、駅名長すぎて、買った切符の発駅印字フォントが
小さ過ぎてちょっと読めませんでした(笑)

| | コメント (0)

2020.05.10

セブン-イレブンのストローがパルプ製になっていた。

Straw

セブンイレブンのセブンカフェ機で飲み物を買う時に、最近
コロナ対策として、蓋をスタッフからもらう仕組みになって
いるのは知っていましたが、先日アイスコーヒーを買って、
棚にストローを探したら、いつもの黒のプラスチックのもので
なく、昔の喫茶店で出てきたような、白い紙袋に包まれた
ものに替わっていました。

開けて見ると、中も白。
良く見れば噂に聞いていたものの初めて実物を見る、環境
配慮型のパルプ製のストローでした。

大容量コーヒーだと、最後の方に、口に近い側がちょっと
ふやけましたが、それよりもプラスチック製のとは、コー
ヒーの味も違いました

缶コーヒーが金属臭くて嫌いな割に、今までストローで飲む
時にはストロー味込みだったのには無頓着だった訳で、
慣れとか、自分の味覚など当てにはならないですね

| | コメント (0)

NHKプレミアムで「いだてん」再放送中

こちらは「仁」と違って、多分当初は、7月開催予定だった
オリンピックに合わせての再放送と言う意図だったのだろうと
思いますが、こうなった今となっては、開催された1964年の
オリンピックではなく、中止になったベルリンオリンピックや
「返上」した1940年の東京オリンピックのエピソードの方を
身近に感じながら見る事になりそうです。

それにしても、改めて最初から見ると、ずっと「五りん」と
クレジットされていると思っていた、神木くんの役が、初回
だけこっそり「小松」になっていたり、一方、どうやら
再放送のために足袋屋シーンは全再撮か再編集したかで、
ちゃんと最初の登場から三宅さんになっていたのにはびっ
くりしました。

大竹さんの「続きは来週!」とか、阿部さんの田畑にそっ
くりの、田畑少年役の役者さんとか、判っていても笑える
シーン、改めて見て発見するシーンとか、楽しめます。

宮藤さんのブレない構成力は、全体見てからだとやはり
凄いと実感です。

週の前半のみという、変則オンエアですが、暫く楽しめそう
です

| | コメント (0)

【コロナウイルス禍(26)】やっぱり、彩の国シェイクスピア・シリーズ第36弾「ジョン王」全公演中止

前売りを延期していましたが、休み明けに発表があり、
予想通り、6/8開幕予定だった「ジョン王」の全公演中止に。

まあシリーズなので、上演がなくなる選択肢はないと
思いますが、前にも書きましたが、シリーズ最後予定の
「終わりよければ」と順序を変えても近いキャストで
やるのか、キャストを変えても、予定の順序でやるのか、
今後の発表に注目です。

何より、どんな形でも公演自体ができるようになる日が
早く来て欲しいです

| | コメント (0)

「JIN~仁」の再放送

コロナ禍で新ドラマの撮影がストップしている関係か、特に
民放は過去ドラマの再放送の嵐です。

中でも「JIN」は、先日(レジェンド/ディレクターズカット
版)の集中放送がありましたが、リアルタイム視聴時には
絵空事と思って見ていた伝染病「ころり(コレラ)禍」の
エピソードが、今のコロナ禍と状況が同じ過ぎて、驚いて
しまいました

中でも大沢さん演じる南方先生が
「この病(ころり)は、消毒と患者の隔離が感染防止のカギ!」
と長屋の人たちに自身も感染しながら叫んでいるのを見て
人間と未知の疫病との闘いの歴史は、繰り返すものだと
改めて感じました。

勿論、当時作り手側に、そんな予想など微塵もなかった
でしょうが。

しかも「ころり」エピソードに惹かれてそこから見てしまい
ましたが、当時リアルタイム見ていた筈が、意外に覚えて
いないエピソードも多くて、結局全話一気見しました。

内野さんや大沢さんなど、やっぱり若い、とは思いましたが
古さは感じませんでした。

面白かったです。

| | コメント (0)

衛星劇場で「オグリ」両バージョン早々オンエア

先日、松竹動画版には上がっていた「オグリ」ですが、連休
中に衛星劇場でも両バージョン(隼人くんオグリも動画と
違ってフルバージョン)オンエアされました

先日、NHKで2月の仁左衛門さんの「菅原~」もそうでしたが、
こちらも通常より、かなり上演からのインターバル短めでの
オンエア。
上演期間途中で中止になったと言う事情もありながらですが
リアル観劇できず手持ちぶさただった身としては、有難い
限りでした

まあしかし、実際のところ、やはり映像はリアルとは別物、
と改めて実感したのも事実。

「菅原~」くらい、もう完成度の高いものだと、映像で
見る事で、細部のこだわりとかを発見できるメリットが
ありますが、「オグリ」は新演出で、まだまだ贅肉たっぷり
荒削り。

まずリアルを見た時にも思いましたが、テーマが前面に
出すぎて若干説教くさいし、何より若手中心で、演技力
より半分勢い。
正直、叫びと長いアクションシーンの連続でかなり疲れ
ました(笑)

劇場で見ていると周りの空気に自分も呑まれるので、気に
ならない場合も、映像だと自分側が冷静になる分、温度差が
つらくなるのかも知れません。

まあ、席の関係で見えにくかった部分、初歌舞伎の洋くんの
活躍っぷりを堪能できたので、良し、なんですけど(笑)

| | コメント (0)

2020.05.07

新しい原宿駅舎

HarajukuHarajuku1Harajuku2

初めて通りかかりましたが、後ろの明治神宮との
調和とかがあるためか、予想していたより
かなり大人しめでした。

旧駅舎は残ってはいましたが、入口はふさがれて使えなく
なっているようで、ゆくゆくは解体し、近い形に再建する
とか。
まるで、話題になった漫画/ドラマのタイトルの「テセ
ウスの船」を地で行く感じですね

中は入りませんでしたが、以前は利用者数に対して異様に
狭くて不便でしたが、きっと随分便利になっている事
でしょうね

| | コメント (0)

2020.05.02

久しぶりにミシンで裁縫(笑)

在宅/出勤当番日も当然残業禁止、劇場にも映画館にも
行か(け)ないとなると、びっくりするくらい1日の
時間の使い方が変わるものですね。

家からは基本出ない、マスクは余程運が良くないとお目に
かかれない。

となれば、自然と、この前はいつだったか記憶にない
レベルに久しぶりに、ミシンを引っ張りだしやってみる
か、と思いついた訳です。

しかし、何かが間違っているのか、不調か、どうやっても
縫い目がぐちゃぐちゃ

ミシンが古すぎて説明書もなし。
仕方なく、地元のミシン屋さんを探しだし、電話でお尋ね
するも、これも当然のように
「見てみないと分かんないねぇ」
と言われ、密にならない指定の時間に、重たい本体を
持ってミシン屋へ。

買い換えか、GW挟んでの高額修理を覚悟していたのですが
聞けば、見るなり、上糸をかけ直して、呆気なく縫える
ようになりました。

お店には同様の問い合わせが殺到しているようで、「まあ
ミシンが動かないのは大体が上糸掛け方が間違っている」
とのこと。

しかし古くなっているのは間違いないようで、
「今回は動いたけど、ずっと使うなら、安くなってる中古
ミシン買った方が良い」そうです。

さすがやはり「餅は餅屋」ですね

因みに無事にマスクはできましたし、ついでに状態悪く
なっていたアイロン台カバーも修理しました

次は穴のあいた鍋つかみでも直すかな(笑)

| | コメント (0)

気が付けば令和の2年目に。

昨日から令和2年目。
平成が終わるころに、
「大きな事件、災害の多かった平成」
みたいな括りをしていた気がしますが、丸一年たってみると、
令和は1年目から台風とそれに伴う水害、地震、首里城跡
火災、そして年明けからいま真っ只中のコロナと振り返ると
わずか1年間の出来事かと驚くほどです

昔は、疫病や災害は改元のきっかけになったそうですが
令和2年目は、どんな1年になるでしょうか・・・

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »