« 「大奥」完結 | トップページ | 日経新聞2月の「私の履歴書」 »

2021.02.28

4月の歌舞伎座で仁左・玉の「桜姫」!上演!

四月の歌舞伎座の上演演目とおもな出演者が発表に
なりました。
ネットニュースでは、知名度から白鸚さんの弁慶
ご出演がトピックになっていますが、勿論個人的には
三部で、仁左衛門さん、玉三郎さんが2月に続き
共演での南北「桜姫東文章」が上演される事に尽きます。

従って、四月は「スリルミー」とこの二本で
完了!、です

しかも発表された資料をみると「上の巻」とあるので
どれくらいのスパンかわかりませんが、「下」もある
ものと、勝手に期待してます。

最近の上演頻度からすれば、近松や黙阿弥、まして
「千本桜」「菅原」「忠臣蔵」というような、いわゆる
王道作品とは少し違って、生世話、綯い交ぜてんこ盛りで
エグ味や退廃性炸裂。
予備知識なしだとちょっととっつきにくいし分かり
づらい部分もありますが、私は大好物です(笑)
においの強いチーズなどの嗜好品にやたらと心惹かれる
のと多分同じ。

しかも、仁左衛門さんは「四谷怪談」はもちろん、
「絵本合法衢」「霊験亀山鉾」そして「盟三五大切」と
南北とは非常に相性がよい上に、玉三郎さんの桜姫と
なれば、見逃せません。

勿論、3月に国立の「馬盥」で光秀をされる菊之助さんが、
一転、芝翫さんによる光秀のもと、十次郎を演じる、
二部の「尼崎閑居」も気にはなりますど・・・


|

« 「大奥」完結 | トップページ | 日経新聞2月の「私の履歴書」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「大奥」完結 | トップページ | 日経新聞2月の「私の履歴書」 »