« 渋谷109のチケットぽーとが3月末で閉店 | トップページ | 国立劇場歌舞伎「時今也桔梗旗揚」 »

2021.03.07

三谷版「死との約束」

原作知らずに見たので、違いとかはさっぱり判りません
でしたが、1人1人の証言で、死亡時刻が狭められ、1人
ずつ真犯人から外れていくプロセス、また、長野さん
演じるライターの役割や、犯人わかってからもう一度
見ると、視線や仕草、セリフ一つ一つの細かな伏線回収を
楽しめ、好みの問題だとは思いますが、前2作より
集中して見られました。

舞台に設定された熊野古道には、行った事は
ありま
せんが、偶然、正月に「ブラタモリ」が、丁寧な再放送を
やっていたのを見たのが、ちょっと予備知識になり
ました。(外観は、蒲郡のホテルでしたが)

また、勝呂のセリフに平家物語を入れたり、後白河院
なんて固有名詞が出てくるので、つい「子午線の祀り」を
連想したりしましたが、個人的最大のツボは、オープ
ニングの太棹三味線だか琵琶による、日本情緒溢れる
音楽の出だしのジャーン!音が、「花髑髏」のオープ
ニングの音にそっくりだった事でした(結局そこ)

そう言えば、オープニングの一音目、と言えば、「子午線の
祀り」のオープニングの一音目が、「エリザベート」の
それと同じだったので、神奈川の客席で勝手に盛り
上がってました(笑)

ポアロ翻案、3作となれば、単発ながらシリーズ化、
とも言えそうですが、まさか、萬斎さんがあのテン
ションでドラマに出続けるとは、思っていません
でした(笑)
まあ、三谷さんと繋がり続けているなら、来年の大河で
流石に知盛、とはいいませんから、後白河院てかで
ご出演とか、期待できないかな?


|

« 渋谷109のチケットぽーとが3月末で閉店 | トップページ | 国立劇場歌舞伎「時今也桔梗旗揚」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 渋谷109のチケットぽーとが3月末で閉店 | トップページ | 国立劇場歌舞伎「時今也桔梗旗揚」 »