カテゴリー「スポーツ」の記事

2012.08.05

オリンピックで初めて判るデータ放送の便利さ

仕事の夏休み前ピーク最高潮?がオリンピックにぴったり重なって、殆どリアル
タイムで見られていません
テレビを付けるタイミングもバラバラで、競技前あり、終了後あり、勿論真っ最中
あり。
しかしいずれも何がどうなっているのか断片的過ぎて判らない、と言う事で、
今回初めてガッツリNHKのデータ放送を活用させてもらっています。

一番見るのは日本人選手の結果一覧で、直近1日の日本人選手の順位や結果が
話題性の大小にかかわらず出ているのが便利です。

日程などはどちらにしても見られないたも殆どみませんが、一緒に自宅地域の
時間別天気予報も見られ、昨日はおかげで昼のにわか雨にも慌てず傘を持参でき
ました。

前の大会時はテレビがまだアナログで恩恵に預かれなかったし、長い競技全部を
見たり録画したりは私にはありえないし、一番には、これまでさほどデータ放送を
便利と思った事がなかったのですが、確かに色々な種目が同時進行で行われ、
しかも時差があると言う性格のオリンピックは、データ放送との相性がかなり
良い放送コンテンツだと今回実感しました。

今朝チェックしたところでは男子400mメドレーリレーで銀メダルを取ったとの事で、
渋い顔の続いていた北島選手もようやくメダルを手にできたようです。

| | コメント (0)

2012.07.29

実写版(笑)「女王陛下の007」

実写版(笑)「女王陛下の007」

ロンドンオリンピックの開会式、シェイクスピアの世界観とか、映像でダニエル・
クレイグが登場するとか聞いていたので、生中継を録画して後から見ました。
後半の「ミスター・ビーンやマッカートニーの演奏も関心を集めていましたが
個人的にはやはりエリザベス女王登壇までがハイライトでした。

オープニング、本物の馬やら羊やらが動き回る田園風景に、ケネス・ブラナーが
登場、やるだろうな、と思っていた通りに語り始めたのは「テンペスト」の一節
でした。

そして何より、一台の車が宮殿に滑り込み、降り立つダニエル・クレイグ演じる
007がエリザベス女王の執務室に到着、女王をエスコートしてヘリコプターで
開会式会場上空へ
「007のテーマ」に乗せてユニオンジャック柄のパラシュートが開いて女王陛下
空から開会式会場にまさに「降臨」と言うストーリー。
無論陛下は最初から会場にいらしていて、パラシュートで落下したのはスタントで
ある事は明らかですが、こう言ういわばアトラクション的イベント演出に女王
陛下ご自身が出演される自体が凄い。
(ちゃんと服装は映像と繋がってました)

久しぶりに見る「007」姿のダニエルさまは相変わらず格好良くて、一人で喜んで
いました(笑)
(入場行進中、不意に映されているとも知らず?指の爪周りの「お手入れ」に
気をとられていた女王陛下にはびっくりしましたが)

後は「ハリーポッター」だか「メアリー・ポピンズ」か判りませんが派手な
ファンタジー世界の再現がありましたが、ベッドごて吊られていたこどもさんは
命綱とかしてないのか、とか、膨らんだりして現れた「ナイトメア」っぽい黒い
妖怪たち?が割にハンドメイドな感じのつくりだったのやらが目についていました。

お任せ録画だったので後から見て開会式だけで4時間近くかかっていたのが、
一番びっくりでしたが。

| | コメント (2)

2012.06.06

香川さんの日

まずはサッカーの方。
詳しくはないですが、ドルトムントで活躍するサッカーの香川選手が、奇しくも
ロンドンオリンピックの年に名門クラブ、マンチェスターユナイテッドに移籍が
決定とのニュース。
私のようなサッカー音痴でもそれが世界的な知名度のチームだと判ります。
どんな活躍をするか注目さろそうですね。

そしてもうひとつはもちろん歌舞伎の方。
昨日から随分マスコミでも取り上げられていますが、香川照之さんの九代目市川
中車襲名&歌舞伎役者としての初舞台。

本来は亀治郎くんの猿之助襲名がメインになる筈で、そこは新・中車丈も面映ゆい
かと思います。
口上をテレビで見る限り、さすがに白塗りが全然馴染んでないですし、汗(涙?)が
流れているのも余り歌舞伎役者さんには見ない事。
なにより皮肉なことに、役者として上手いのが判っている「香川さん」だけに、
口上も「ヤマトタケル」の帝も、中の人がと言うより香川照之と言う俳優が
中車と言う歌舞伎役者の役を非常に上手く演じているように見えて仕方ありません
でした。

今月は身内メインですが、来月は市川宗家も共演で古典ではありませんが真山
青果の「将軍江戸を去る」で若旦那との共演が予定されていて、こちらも興味を
そそられます。
歌舞伎と言ってもセリフ中心の真山作品なので、ネイティブ?な歌舞伎役者の
中にも全くモノにならない(語れない)場合がある一方、現代劇出身の役者さん
でも割にはまるかなとも思われ、現代劇やテレビや映画の時代劇にも出る若旦那と
現代劇ジャンルでは一流の新米歌舞伎役者とで、どんなバランスの「将軍江戸を
去る」になるか、興味があります。

| | コメント (2)

2011.07.18

日本女子サッカー優勝。

勝っちゃいましたね〜。
しかも延長で澤選手が同点ゴールし、遂にPKで勝ち抜け。
劇的でした。

ゴールを決めた選手も凄かったけど、アメリカのPKを止めまくった
ゴールキーパーはもっと凄かったと思います。

| | コメント (0)

2011.01.03

箱根駅伝は早稲田大学逆転優勝

スポーツマスコミが東洋大の特定の選手と東洋大3連覇にばかり言及するので、
ついいつもの天の邪鬼気性で「それなら」とアンチ東洋大になって今回は完全に
早稲田を応援してました。

その早稲田、案の定昨日の山上りで逆転されて往路2位での復路となりましたが
早稲田の6区山下りのランナーは途中路面凍結に足を取られて転ぶわ、給水
スタッフに接触するわとヒヤヒヤさせながら、何とか10数キロ並走の末、逆転。
7区途中までチェックして能楽堂入り。

出てきて確認したら、そのまま僅差ながら早稲田大学総合優勝。

別に早稲田に義理もないし、陸上もとりわけ興味がある訳でもないのですが、
どうも正月の箱根駅伝だけは気合い入れて見てしまいます

でもここ数年のように体調不良とか足がつったみたいなことでの途中棄権した
チームもなく、また繰り上げスタート校が非常に少なくて、全体のレベル(体調
管理を含めて)も上がったのかなあなどと思いました。

しかし、最後の最後でコースを間違えてあわや11時間以上かけて走ってきて
シード権を失うところだった国学院大、選手、コーチ、関係者みな肝を冷やした
ことでしょう。
切迫して中継車が仕事を終えて右折したのにつられたようですが、先にゴール
テープが見えていてもやはり今まで前を走っていた車を追随してしまったので
しょうか。
あれだけ関係者がいたのですから、あれはなんとかマンパワーで防いで
あげないと。来年は何か対策を講じるべきでしょうね。

さ、これから昨日の録画色々をチェックしないと。

| | コメント (0)

2011.01.01

やっぱり正月は駅伝。

メインイベント?は明日明後日の箱根駅伝ですが、元旦の実業団駅伝も
5時間近く走って競馬なら「鼻の差」、それもずっと3位で来たトヨタ自動車が
最後の最後にラストスパートの大逆転優勝。
初詣混雑行列中もワンセグでチェックしてましたが、面白いレースでした。

箱根に比べると周りの風景が地味なのが惜しいけど(笑)

| | コメント (2)

2010.12.03

ワールドカップ開催地決定

世論盛り上がり欠ける、と新聞記事にもありましたが、開催地に立候補している
事は薄々知ってはいたものの、決定日が今日だった事を知らなかった私の様な
人、他にも結構いたのでは?
個人的にサッカーに余り思い入れがないので、特に残念、でもなく、また近くに
「開催希望」な人も聞かないので、むしろ誰が結局最後まで盛り上がらなかった
誘致に力を入れていたのか(誘致だけでかなりの予算を使ったようですし)、
その盛り上がらなかった原因の方が、興味が出てしまいました。

そう言えばカタールってどこだろう?

| | コメント (0)

2010.08.09

「ボクらの時代」8/8

高橋大輔さん、勘太郎くん、藤原くんの鼎談後編。
お酒が回って前編ほど内容として私には面白味はなかったですが、藤原くんの
イギリスでのスリにあった話には笑いました。

勘太郎くんがずいぶん大人になったなぁと思いつつ、ビール飲むたびに、垂れる
水滴が気になるのか、おしぼりか白いハンカチ?でグラスの下をフォローして
いる姿が妙に目立っていました(笑)

| | コメント (0)

2010.07.12

ワールドカップ終わる

最後は冷静で体力があったものが勝ったのかなと言うのが、素人の感想。
今まで確実に決まっていた距離のゴールを双方とも外したりして、やはり
優勝は大変なんだろうな、とか、散々見た割にありきたりですが。
勝ったスペインは勿論、オランダも素晴らしかったし、何より表彰式で、日本人の
西村審判がメダルを授与(決勝の審判に与えられるものなのか、詳細不明ですが)
されていたのが、良かったです。
当初騒がれていた治安問題は、良くなったのか、報道されないだけなのか、
普通に試合が恙無く開催されていたような印象になり、逆に「あれ?」と言う
気がしたくらいでした。

次はブラジル大会。
きっと4年なんてすぐ、なんでしょうね。

| | コメント (0)

2010.07.09

ワールドカップは続く(2)

岡田ジャパンはあちこち表敬訪問で忙しい人、既に移籍が決まった人と、
次のステップに進んでいますが、日本人の西村主審が、オランダ対スペインの
決勝戦で第4審判を勤めると時事通信情報が伝えています。
第4審判と言うのは控え、だそうですが、素晴らしい事です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧