カテゴリー「映画・テレビ」の記事

2019.03.22

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を見る

Mary
メリル・ストリープさん以来、久しぶりに「上手い」でも「美しい」
でもなく「凄い」女優さんに出会った気がします
タイトルロール、メアリー・スチュワート役のシアーシャ・ローナン
さん。
透明な肌、吸い込まれるような美貌、強い意思を示す鼻、そして
悲劇的な何かしらを湛える口元は、まさに「ディア・ハンター」や
「ソフィの選択」の頃のメリル・ストリープを彷彿とさせます
彼女のおかげで、メアリーは、単なる陰謀好きのわがままで倫理に
反した抵抗勢力としてエリザベスに弾圧されて仕方ない、にならず
どうしようもない、権力好きの男性どもに囲まれながら、孤軍奮闘
する一人の女性として魅力が溢れていました
更に、であれば彼女を排除したエリザベスが単なる悪役に描かれて
いるかと言えばそうでないところがこの映画の更に凄いところ。
それは、エリザベスを演じるマーゴット・ロビーさんが、メアリー
とは逆に、自身の「女性」を権力と切り離し、天然痘を厚化粧で
カバーしながら冷静に難局を切り抜けるさまを、実は内面悩んだり
手芸細工に八つ当たりしたりと、あ、この人も血の通った女性なんだ
と言う事を非常に納得させてくれるため。
結婚し、子どもを産みしかも美貌を誇るメアリーが自身の王権を
揺さぶってくるのを苦々しく思うし、認めもしないが、嫌なニュースを
直視しなくもないし、できれば彼女を裁く矢面に立ちたくないと
言うところ、そして互いに自分の立場をいちばん理解しているのは
お互いだと思いあっているところが、権力闘争の当事者同士で
なければ、よい身内でいられたのだろうと思いました。
ストーリーはメアリーがエリザベスに庇護を求めるところまでが
メイン。
(なんか家康のところに逃げ込んだ三成みたい)
架空の、二人の女王の対面シーンが圧巻で、最初は低姿勢だった
メアリーが徐々にエリザベスを問い詰め、最初は迷いのあったエリ
ザベスが、結局メアリーの監禁を命じるのも無理はないと思わせる
展開でした
メアリーはなかなか強気なため、どちらが捕らえた側なのかで(笑)
(これも自身の正統を信じて疑わない、三成そっくり)
個人的にはメアリーが「あなたはヘンリー八世の娘だから(私を
殺す)」と言うところがツボでした(笑)
このところ、アン女王、ビクトリア女王、そして今回と、偶然ですが
英国女王ドラマシリーズみたいなラインナップで映画を見ていますが
今作がいちばん緊張感があり面白かったです
それにしても「レディ・ベス」や「9日間の女王」と言った日本の
舞台、「エリザベス」シリーズ、「恋に落ちたシェイクスピア」
「ブーリン家の姉妹」はじも映画にしても、あの時代は素材として
よほど彼の国でも人気のようですね
日本の戦国時代みたいな感じでしょうか

|

2018.01.09

「西郷どん」初回

この原作者作品はある時から読まないと決めているので、どこまで
原作に沿っているかわかりませんし、まあ初回はたいてい芸達者な
子役たちに見惚れて終わる訳で、真価は次回以降。

とりあえず、ナレーションと島津の当代が前回「翔ぶが如く」の
西郷/大久保だわ、「ラストサムライ」で渡辺謙さんが演じた
カツモトはどう考えても下野後の西郷がモデルなので、
「ラストサムライ」アゲイン感はあるし、西郷父母と大久保父とは
懐かしや「蒲田行進曲」の黄金トリオで、
いつか階段落ちをやってくれるんだろうと思ってしまったり、ついでに
松坂さんは同じ幕末薩摩藩を描いた「篤姫」では、篤姫付きの幾島
役だったなとか、チビ糸ちゃんは「べっぴんさん」の娘時代の子だし
(さらに昨日始まった「越路吹雪物語」のチビ吹雪ちゃん姉だった!)、
「マルコメ」茶坊主だったチビ海江田くんは「天地人」のミニ兼続、
「こども店長」加藤清史郎くんの弟、憲史郎くんと配役にばかり目が
行って終わりました(笑)

北村有起哉くんが来週から登場しますが、北村くんと言えば個人的
には映画「長州ファイブ」の井上馨が印象深いのでちょっと妙です
(ちなみに一生くんが出ているのに最近4倍速でしか見ていない
「わろてんか」ですが、北村くんが出演していたエピソードだけは
めちゃめちゃ面白かったです。さすがです)

| | コメント (0)

2017.12.24

「直虎」は総集編も手抜かりないサブタイトル(笑)

以下一覧
「これが次郎の生きる道」
「直虎の覚醒」
「逃げるは恥だか時に勝つ」
「井伊谷は緑なりき」

勿論モトネタは
「これが私の生きる道」(バフィのヒット曲のタイトル)
「スターウォーズ/フォースの覚醒」
「逃げるは恥だか役に立つ」
「わが谷は緑なりき」

最新ドラマのタイトルからジョン・フォードまで幅広い事。

「直虎」はサブタイトルは色々楽しめましたが、個人的には
やはり
「嫌われ政次の一生」がベストでした。

考えあぐねた挙句まさかの「デスノ」だった「死の帳面」、そして
「魔王のいけにえ」もなるほどでした。

総集編となると濃いめサブキャラネタがスルーされて何だか薄味に
なってしまうのですが、そうならないことを期待してます

| | コメント (0)

2017.07.15

「刑事7人」初回

設定変わりながらの3シーズン目。
初回ゲストは横田さん。

「相棒」スペシャル以上にセリフありましたね〜
舞台ではだいたい古代のヒト、なので、警察制服姿とか滅法新鮮
でした。

しかし画面見ながら「クローディアスとホレイシオだ」「シーザーと
キャシアスだ」と勝手に盛り上がってました。

そうそう最新「アテネのタイモン」でもタイモンとフレヴィアスで
共演です。

しかし鋼太郎さんはこのクール中にミュー舞台あり。
ドラマは撮了してるのか、或いは完全別撮か。

| | コメント (0)

2017.05.15

映画「SP」前後編

久しぶりにWOWOWでやっていたので、見ました
総監督の本広さんが舞台役者好きなので、連続ドラマ時点から舞台
役者さん出まくってましたが(洋くんも、成河くんも出ていました)
特に後編にあたる「革命編」は舞台役者マツリ状態でしたね。
まずテロ実行犯役で谷田さん(「フェードル」見られず残念)、
陰謀を企む若手官僚の頭目(笑)が平さんで(こちらも「フェードル」
出演されてたんですよね)、更に官僚一味に川口くんも(声で判り
ます)

それに今や主役俳優の綾野くんが前編冒頭ちらっとしか出演され
ないのも最早カメオ出演レベル(笑)
話は意外に大山鳴動して鼠一匹、な感じがしたりしますが、アク
ションの本気度とかはやはり同じ金城さんだけあって、オンエア
中の「CRISIS」に近いものを感じますね。

| | コメント (0)

2016.02.16

「真田丸」に谷田さんが!

鋼太郎さんに続いて、AUNから谷田歩さんが大河「真田丸」にご出演
されました!
谷田さんの大河は「江」の織田信忠以来かと思うのですが、今回は
織田家家臣・森可成(蘭丸の父)役で、鎧兜で肝心の顔があまり見えな
かったのが残念でしたが、声はあの谷田さんボイス!
今回限りの出演で無いことを期待!

| | コメント (2)

2016.01.16

NHKの木曜時代劇「ちかえもん」がおもしろ過ぎる(笑)

そもそも松尾スズキさんが近松役と言う、NHKじゃなければできない
かもな、大胆なキャスティング(笑)
(「64」のピエール瀧さんとかも)。

個人的には北村有起哉くんが竹本義太夫役で(当然義太夫やる!)
出る、桐竹勘十郎さんが監修と出遣いする、小池徹平くんが近松の
代表作「曽根崎心中」のモデルとなる、「お初徳兵衛」の徳兵衛役で
出ると言うので見始めたのですが、松尾さんの一人称語りのナレー
ション共々ツボ過ぎて笑いが止まりませんでした
曰く自分を「中年の売れないシナリオライター」と言い、「大河ドラマの
ナレーションをするのはまだまだ先」(註:勿論、江守さんが「八代将軍
吉宗」の主に冒頭に登場し、時代背景やチカラ関係の説明をして話題に
なりました)などなど
他にも母親役の富司純子さん、徳兵衛の父親役の岸部さん(体が
いくつあるのか、ホントに八面六臂のご活躍)など脇も手堅く、これは
二話以降も楽しみです

| | コメント (0)

2016.01.05

「真田丸」の信長が…!

鋼太郎さんだった事を今ごろ知りました(苦笑)
いつかはなさるだろうと予感はしてましたが、予感以上に早かった!

鋼太郎さんと堺さんは「半沢直樹」では直属の上司、内藤部長と部下の
関係でしたが、今回は本店の副社長と地方支店の課長くらいの関係で
しょうか。
ただし幸村をメインに考えると、信長、割に早めに「退場」しそう
ですが、にしても鋼太郎さん信長、吠えるのが今から楽しみだな〜

| | コメント (0)

2016.01.04

「お正月スペシャル〜坊っちゃん」を見る

割に修飾語が多くてしちめんどくさい(失礼)原文よりずいぶん判り
やすいドラマでした。
二宮くんは先日、「赤めだか」でも見たばかりですか、意外に昭和、な
イメージによるキャスティングなのでしょうか、違和感はなかったです。

校長/教頭は前の「相棒」で見た組み合わせ、また、最近イケイケな
役が多かった山本くんの「うらなり」は前に揃えた手と穏やかな
眉毛で(笑)こちらも違和感なし。
また、ほとんどセリフはなかったですが、洋くんが同僚の眼鏡の教師
役で出演されてましたね〜
なかなか面白く見ました

| | コメント (0)

2016.01.02

「相棒14〜元旦スペシャル」

「下町ロケット」に続いてまたも橋本さとしさんがインパクトのある
敵役でご出演。
でもラストは良かったかも。
このシリーズに出演時の木村佳乃さんは本当に嫌味な感じがぴったりで
「はつ恋」とか、他のドラマとは別人ですね。
そう言えば、「あさが来た」にちょろっと出ていたけど、今年の大河
にも幸村の姉役で出演らしいですね

| | コメント (0)

より以前の記事一覧