カテゴリー「蜷川さんの舞台関連」の記事

2018.01.02

2017年年間「Best」&「残念」(演劇編)

これの去年版書いたのが1年前とは思えません(笑)
一年あっという間ですね

去年は中嶋しゅうさんの急な訃報に絶句した夏でした
そして蜷川さんの企画もシェイクスピア以外なくなった今、
本当に舞台に行く回数は激減です

なお例年通り歌舞伎は別枠です。

まずベストスリー
☆☆☆☆☆
「髑髏城の七人~花バージョン」
(3-5月/IHIステージアラウンド東京/新感線)
去年は「髑髏イヤー」でした
結局、徐々にテンション落ちて、「風」までしか見てませんが
やはり花が一番。成河くん天魔王がすごかったです。
これと「子午線」義経、で去年のベストアクターはもちろん成河くん。
いまや「トットちゃん」の主演も務める清野菜名さんのアクションも
見事で多分この作品で彼女の名前を意識したのでした。
これからのさらなる活躍が期待される女優さんですね

☆☆☆☆☆「子午線の祀り」(7月/SEPT)
萬斎さんと成河くんを同時に拝めるという、個人的には非常に
ありがたく、コスパも高かったすごい企画でした(笑)
萬斎さんが成河くんご指名だったというのもファンとしてはうれしい
ことでした。この出演が縁で成河くんは関門海峡関連イベントに
ゲストでご出演でしたね
萬斎さんはこれで若手中堅の演出家に送られる「毎日芸術賞~
千田是也賞」を受賞されました(詳細別項)
再演熱望。

☆☆☆☆「アテネのタイモン」(12月/さい芸)
まずはとにかく蜷川さんの志がつながったことに大きな意義あり。
鋼太郎さんのAUN演出は100%好きなほうではないので、どう
なるかと思いましたが、だいたいが「蜷川流さいたまシェイクスピア
シリーズ」テイストでした
多分、次作以降、どんどん鋼太郎さんテイストが強くなっていく
(なっていくべき)だと思っています
でもまあ、なんとか私が与野本町に行ける体力のあるうちに
完結お願いしたいです(笑)
1年とばしとかできるだけなしで!!


続きを読む "2017年年間「Best」&「残念」(演劇編)"

| | コメント (2)

2018.01.01

「アテネのタイモン」を見る(千秋楽)

さいたま千秋楽
客席には、松岡先生、白石さんをお見掛けしました

白状しますが
2幕、正直眠かったです・・
1幕の展開に比べると、延々とうつうつとした展開のためか
正直前回も今回も山賊のあたりで意識飛びました。

前回と墓碑銘のところの読み上げがちょっと違って気がするのですが
それもひょっとしたら私の記憶違いかもしれず、確信ないですが、
藤原くんの肩掛け毛皮のキツネ度が前回より上がっていたのは
ちょっと自信があります(笑)

カテコで鋼太郎さんの挨拶あり。
蜷川さんから引きついたプロジェクトの演出ということで大変な重圧と
スケジュールだったと思いますし、役者としての部分もあるので
大変だったろうと思いますが、最後に天を指さして入っていったところは
きっと蜷川さんへの挨拶だったと思います。

さて次は来年2月(挨拶で鋼太郎さんは「来年」とおっしゃってましたが
あの時点では「再来年」だったはず)の「ヘンリー五世」
今年5月に「先攻」で新国立劇場版がありますので、こちらで「予習」
ということになりそうです(横田さんが初めて新国立版ご出演。
となると、さいたま版にはお出にならないのでしょうか・・・ぜひ
両方出て頂きたいところ)

今年は夏にネクストメンバーによる「ジハード」がありますし
藤田さんの演出舞台にもいよいよ行こうと思っています。
秋には尊晶さんによる芝翫さんの「オセロ」もありますので
蜷川さんやシェイクスピアがらみの舞台だけでもぽつぽつと
見に行けたらと思っています

| | コメント (0)

2017.05.18

原美術館に「蜷川実花〜うつくしい日々」展を見に行く

原美術館に「蜷川実花〜うつきい日々」展を見に行く

原美術館に「蜷川実花〜うつきい日々」展を見に行く

原美術館に「蜷川実花〜うつきい日々」展を見に行く

原美術館に「蜷川実花〜うつきい日々」展を見に行く

わずか10日の開催期間に偶然休みがあたりました
(そう言えば蜷川さんのご葬儀の日も偶然平日休で参列できたの
でした)
何かの縁を感じて見てきました

原美術館は初めて伺いましたが、大崎、品川、五反田、どこからも
なかなか歩くし、解りづらい場所にあり、今回大崎から行きましたが
途中一度完全に迷子になりました
ありがたや、ナビタイム。
フラッシュ焚かなければ撮影可との事で、いくつか撮影させていただき
ましたが、脳波、心電図、病院外観?のような、蜷川さんの闘病を
思わせるアイテムがいくつも映っていて、ちょっと胸が苦しくなり
ました。

それにしてもいつものゴージャス、カラフルな蜷川さんスタイルとは
全く違うテイストで、撮影したのが実花さんでなく、被写体に蜷川
さんを思わせるものがなかったら、撮影したのが誰か特定するのは
ちょっと難しい気すらしました。

しかし1年ですか。

| | コメント (2)

2017.05.16

「待つ2017」を観る

「待つ2017」を観る

「待つ2017」を観る

「待つ2017」を観る

「待つ2017」を観る

彩の国さいたま芸術劇場
与野本町駅前の薔薇が満開でした。
特に白薔薇のアーチ状のフェンスは素晴らしい。
赤い薔薇の植え込みも隣にあり、まさに「ヘンリー六世」のあの
場面を思い出しました

劇場手前の手形エリア、考えたら横田さんものをしっかり見てなくて
記念撮影。

「待つ」はNINAGAWAスタジオメンバーによる、オムニバス芝居。
エチュードの発展した形でしょうか。
舞台奥には「タイタス〜」「ジュリアス」に登場したローマの象徴、
狼の乳を吸うロムルスとレムスの白い像、「メディア」の蓮の花、
「ペリグリーズ」の水道蛇口、「鴉〜」などの水槽、「リチャード
二世」の車椅子、「カフカ」っぽいオブジェなどが積み上げられて
いました。

清家さんの「マクベス」「ハムレット」「オセロ」、井上さんが
役者やっているのを初めて拝見した(眼帯したり髪の毛結んだりと
ちょっと変装風)「12人の怒れる男」は勿論、ゴールドやネクスト
メンバーも出演しており、いない蜷川さんへの芝居の手向けだと
感じましたが、それでも「尺尺」「鴉」でも感じた通りに、なにか
ひとつ、画龍点晴をなんとやら、どうしても「いない人がいたら」と
思ってしまうのは、何ともし難い喪失感ですね

そしてカテコの曲はやはり「VON」でした

| | コメント (2)

2016.05.17

蜷川さん(7)ご葬儀に。

蜷川さん(7)ご葬儀に。

蜷川さん(7)ご葬儀に。

蜷川さん(7)ご葬儀に。

昨日、蜷川さんのご葬儀に、焼香に行かせて頂きました

本当に偶然ですが、会社がイベントの関係で、年1〜2回しかない
平日休の、まさにその日と言う巡り合わせ。

こんな一般人、行ったところで入れる訳もないと思いながら、最後
まで何か縁があったのだと信じ、せめて葬儀の時間に外観だけでも
眺めて行こうかと言うつもりでした。

でも式場には屋外に屋内と同じデザインのファン用焼香スペースが
できており、中と同じタイミングでご焼香できますとの事で、列が
できていたので後ろに並びました。

スピーカーで中の様子が聞こえていて、私が着いた時は開式前、
フォーレのレクイエムとシガーロスの「Von」と言う、蜷川さんの
鉄板曲がかかっていました
開式して読経ののち、平さん、大竹さん、鋼太郎さん、小栗くん、
藤原くんの弔辞をリアルタイムで聞きました。

ワイドショーの放送では省略されてましたが、鋼太郎さんが列挙した
メンバーの名前(平さん、大竹さん、宮沢りえさん、井上尊晶さん、
勝村さん、阿部寛さん、松坂桃李さん、小出圭介さん、松本潤さん、
溝端淳平さん、新川さん、塚本さん、二反田さん)を聞きながら、
みなさんが出演された色々な作品を思い出していました

鋼太郎さんが言っていた「夏の夜の夢」「ウインザーの陽気な女房
たち」を、やろう話は、さいたまだったか、朝カルたがのトークで
リアルタイムに聞いた話だった事もあり、泣いてしまいました

大竹さんの「稽古場で」、小栗くんの「ハムレット新演出」そして
藤原くんの「悔しいでしょう」どれもまるで、蜷川さん主人公の新作
舞台を見る(聞く)ような感じがしました。
藤原くんが息を詰まらせているのがスピーカー越しに伝わってきました

葬儀委員長の埼玉県知事の挨拶(知事が泣かれてびっくり)、セルマ
ホルトさんの「ハムレット」の「お休みなさい、やさしい王子様」の
セリフを引用したものを始めとした、弔電の紹介ののち、私たちも
焼香させて頂きました。

1時間半後くらい出棺との事で、残られたファンの方もいましたが
私はちょっと辛くなってそこで失礼させて頂きましたが、長谷川くんや
横田さんなどたくさんの「蜷川劇団」員(by小栗くん)たちが参列
していたのを映像で見ました。

鮮烈な1日でした

| | コメント (4)

2016.05.14

蜷川さん(6)my黄金の十年

日刊スポーツが昨日、主な上演作品年表を紙面に載せていましたが
それを見ると、私の蜷川さん体験は、まずは84年前後の「近松」
「元禄」「にごりえ」
何で観る気になったのか、記憶薄。
「にごりえ」は確か、若かりし近藤正臣さん目当てでしたね

そして約20年飛んで不意に2002年の「オイディプス王」。
これは最初は東儀さん目当て。
これで一気に萬斎さんファンになりますが、決定的に蜷川さん追っ
かけになったのは、何といっても鋼太郎さんの出世作でもある「タイ
タス」での白の衝撃。
そこからほぼ10年余りが、私の中では「蜷川さん黄金時代」だった
ように思います

特にシェイクスピアは別格でした。
オールメールシリーズの数々、「十二夜」での歌舞伎、「天保〜」の
パロディ、どれも印象深いく、ネクストでも「ハムレット」「リチャード
二世」は素晴らしかったですし、筧さんと猿之助さんの「じゃじゃ
馬ならし」は蜷川さんのチカラワザの賜物でした

また「キッチン」などの現代作品、ネクストシアターは「真田」に
「カリギュラ」「オイディプス」。
「ユートピア」と「ヘンリー六世」の長時間体力勝負もありました。
萬斎さんの「我が魂〜」「ファウスト」の変化球シリーズ?も忘れ
られません

シガーロスの音楽(特に「Von」)は蜷川さん舞台で聞いて知った
ものですし。

何よりこのブログ自体、この10年書き続けられたのも蜷川さん舞台
あってこそでした。

本当に新作を見られなくなるんですね…

| | コメント (2)

蜷川さん(5)求む情報・追悼番組

NHKがゴールドシアターメンバーを追った番組とジャニー喜多川
さんとの対談ラジオ番組の再放送、更に月末に「蜷の繭」を追った
ドキュメンタリーの放送を予定しているようです。

また、今後、舞台映像が恐らくNHKBSとWOWOWからありそうですが、
何か情報ありましたら是非お知らせください

| | コメント (9)

2016.05.12

蜷川さん死去…

「尺尺」で復帰と楽しみにしていたのですが。
私の観劇歴は蜷川さんなしではあり得ませんでした
絶句です

信じられません

| | コメント (3)

2016.01.02

彩の国シェイクスピアシリーズ32弾は「尺には尺を」主演は藤木くん

藤木くん、「カフカ」で蜷川さん舞台にデビューでしたが、遂に
シェイクスピアシリーズに登場だそうです。
インタビューとかでしきりに蜷川さんのシェイクスピアを
やりたいっておっしゃっていましたから叶ってよかった。

「尺には尺を」
5/25〜6/11
藤木直人、多部未華子他

| | コメント (0)

「疾走する蜷川幸雄80歳〜生きる覚悟」を見る

箱根駅伝前の朝っぱらにやるにしては内容が重厚でした。

凄くフューチャーされてた「カフカ」は再演を観る気が元々無かった
ので半分くらい話が分からずでしたし、ネクストについての言及が
少なくて残念でしたが、鋼太郎さんの「偽善者!」には受けました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧