カテゴリー「能&狂言」の記事

2015.01.13

「梅若研能会一月公演」を観る

「梅若研能会一月公演」を観る

「梅若研能会一月公演」を観る

観世能楽堂
多分、移転前に伺うのは最後になると思われたので、外観をパチリ。

今年は正月に2回、能楽堂で萬斎さんの「三番叟」を見られかなり幸運。
見所は自由席に空席があり、85%くらいの入りでしょうか。

因みにほぼ同じ時間帯に銕仙会でも能会があり、万作家は両方にご出演。
観世能楽堂は「翁」に萬斎さん三番叟、中村くん面箱、後見が深田さんと
月崎さん。
続いてが万作さんと深田さんの狂言「文蔵」。
一方、銕仙会は石田さん三番叟に内藤くん面箱、三番叟後、観世から
移動の萬斎さんと月崎さん、岡さんで狂言「成上り」、更に能「葛城」は
高野さんのアイ、「恋重荷」は深田さんがアイ。
(観世の狂言後の能「春日龍神」は小書きで間狂言なしでした)
渋谷と表参道の距離だからこそ実現した感じですね。
「翁」は先日の大槻能楽堂のダブル翁&ダブル三番叟に比べればシンプル
(いや、こちらがレギュラーバージョン)
萬斎さんは黒(濃い緑か遠くて判断できず)の装束、中村くんは紺の装束。
囃子方は笛が一噌幸弘さん、大鼓が柿原光博さん。
「三番叟」は特に「鈴の段」のスピードがユルユルで、更にラスト前、
囃子方とのイキが敢えて外したにしてはいささか不思議なズレ方で、
「揉の段」に比べて印象が薄くなったのは、やはり見所に急病人が出て、
ややざわついていたのと無縁ではないかも知れず、ちょっと勿体無かったです。

休憩を挟んで「文蔵」
いや〜これ本当にシテ、喋りますね。
万作さんの明瞭な語り口に、一般的に狂言には反応の薄い(苦笑)能会の
お客さんもきっちり笑っていらして、狂言方ファンとしては「でしょでしょ」
と言う感じでした(笑)。

仕舞、休憩のあと、「春日龍神〜龍女之舞」
相変わらず全部の記憶はありませんが(苦笑)後シテの冠の飾りの大きさに
かなりびっくり。
面をかけた上に、あの冠とは能楽師の方の集中力とか平衡感覚はどれだけ
スゴいのかと、感心しながら拝見しました。

因みに見所で体調を崩された方は休憩時間に救急車で搬送されていかれ
ましたがお見かけした時にはご本人はストレッチャー上では意識はおありに
なっていたので、大事なければと思います。

| | コメント (0)

2013.12.02

「第2回佐久間二郎の会」を観る≪修正済み≫

国立能楽堂。

観世流銕仙会九皐会系演者さん総出演の会でした

万作家の狂言「貰聟」に、私でも100%楽しめる能「船弁慶」

いきなり幸弘さんが登場し、後半殆どフリージャズ状態の「盤渉楽」でのんびり
していた見所の雰囲気を一気に引き締め、と言うか度肝を抜きまくり。

続く仕舞も二人で袴能(造語)状態、糸もバッチリ投げた「土蜘」、津村さんの
かっこいい「鉄輪」、さらには喜正さんと広忠さんで一調「勧進張」に至っては
二人だけで世界ができあがっていました。

万作家の狂言は「貰聟」
嫁役の高野さんの代役は中村くん。
女役はあっても多分「釣針」の腰元レベルで、こんなたくさんせりふがある役を
見るのは初めてでした。
万作家の狂言公演ではないので、多くの観客は中村くんのキャリアを知らない分
プレッシャーもあったと思いますが、一度萬斎さんと被ったのと、父親役の万作
さんの左から袖を引っ張る座り姿がもう一つ形の収まりが良くなかったですが
大健闘。

萬斎さんの「酔っ払い夫」の出は能ファンメインの見所には新鮮だったようでし
たし、酔っ払った夫に「離縁だ!」と証拠の小太刀まで渡された妻が実家に帰り
事情を説明すると父親役の万作さんが「またかっ!」と叫ぶところ、また、良いが
醒めて迎えに来た夫を、狂言のお約束で演者名で呼ぶ場面での「萬斎!」が大
爆笑を呼びました。
萬斎さんは相変わらずのエンターテイナーぶりでした。

休憩、仕舞を挟んでいよいよ能「船弁慶」

かいつまんで言えば地謡が曲に(特に後半)に見合う迫力で、オーケストラと
言うよりゴスペルのよう(誉めてます)だったのと、ふにゃふにゃした大鼓だと
まるでコントになってしまう、アイの「波よ波よ波よ波よ…」のところが、広忠
さんのそれを超えるスピードでの大鼓のおかげで、緊迫感が半端なく盛り上がり
更に地謡が鳴り響き、幸弘さんの笛が鋭い音で嵐の空を切り裂くように響き、
まあそれはそれは、あの三間四方の空間から鳴っているものとは思えない密度と
重層感でした。

おシテは小柄な方なので、前シテも美しく、後シテはちょっと弱い感じはしま
したが、動きが俊敏で、なるほど義経が「生きている物と対峙するように」と
言うのが納得でした。

ワキツレが「この舟にはモノノケ憑いている」と言うと「そんな事を言うものじゃ
ない」とたしなめたり、ワキが話しかけたりする時に、アイがその相手を首を
廻して注視する、と言った写実の動きは、あまり能らしい感じはしませんが、
いったい誰に向かって言ってるのか(幽霊系の方?も多く舞台に登場されるだけに)
判りにくい時もありますし、どのアイもがそうするのか知りませんが、今回見て
判りやすいと感じました。

仕舞、一調、狂言、能と今回はたっぷり楽しめた3時間でした。

| | コメント (2)

2013.08.19

「ござる乃座48th」ならではのチラシ図柄

葉子御姉様、待ってました48回!か、「絶対的センター」芸術監督が手ぐすね
引いて待っていらしたか…

次回の「ござる乃座」チラシ、どうも萬斎さんの人数が多いと思ったら
右端の三角の頂点付近に「GZR48」の文字発見!

「ござる乃座48th」ならではのチラシ図柄

さらに裏面には大きくはっきりと(笑)

「ござる乃座48th」ならではのチラシ図柄

これで次はじゃんけん大会か総選挙か(笑)

| | コメント (2)

2013.08.17

万作の会「バックステージツアー」参加

万作の会「バックステージツアー」参加

いよいよ3000円で買ったは足袋の出番です(笑)
バックステージツアーは世田谷パブリックシアターをはじめ、何回か参加しまし
たし、文楽の楽屋裏は知人の厚意で一度入らせて頂いた事もありましたが、肝心の?
能楽堂の舞台、舞台裏を拝見するのは初めてでした。
同じ組ではありませんでしたが、犬童監督ご一家がご参加されていたように見えたのは
気のせい?

バックステージツアーは3時間帯で実施、更に1つの時間帯を2グループに分け
楽屋、鏡の間、舞台を拝見。
楽屋(控室)も各スペースに担当がいて、囃子方スペースには内藤くん、装束
スペースには中村くんと飯田くんが、鏡の間には岡くんが、舞台上には高野さんが
それぞれいらして説明をして下さいました。

初めて舞台上から見所を拝見しましたが、本当にしっかり隅々まで見えました。
これは寝てたら確かに判りますね。気をつけます(笑)
クルッと回ってあっという間と思ったのに、時計を見たら50分経っていてびっくり
しました。

舞台に上がるのに傷つけないよう、時計や指輪も禁止とか、これは宝生だけかも
知れませんが、鏡の間の手前の広いスペースに、作り物用の屋根や骨格が保管
してあったり、宝生だけ揚幕の色に白がないとか、色々トリビアルな事が判って
面白かったです。
何より、切戸口と鏡の間を両端として、舞台裏が一続きになっている構造になって
いる事が、時々見所からパタパタと急ぎ足な音や、たまにゴハゴハ咳払い、何より
「お調べ」がしっかり聞こえる理由など色々合点できました。

生茶のペットボトルと「おにぎりに合うお茶」を標榜するお茶から逆算しての
お米のミニパックをお土産に頂いて終了となりました。

写真はお土産の2品。

| | コメント (0)

2013.04.04

「靖国神社夜桜能(第二日)」@靖国神社能楽堂

「靖国神社夜桜能(第二日)」@靖国神社能楽堂

「靖国神社夜桜能(第二日)」@靖国神社能楽堂

大雨&暴風の午前中、これは今年の「夜桜能」の萬斎さんご出演日は2日とも
日比谷かと思っていたら、歌舞伎座に入っていた間にウソのように天候回復した
ようで、16時半ジャストにテレドームかけたら「予定通り〜」で却ってびっくり。
(新しい歌舞伎座は窓がなく外が殆ど見られない)

念のためと持ち出していたほぼ「夜桜能」専用と化している裏ボア付きコートと
携帯クッション、手袋が役立つ事になりました。
と言うか、役立つどころか、なかったら大変でした。
狂言は万作さん/深田さん/内藤くんの「文荷」
内藤くん堂々の主っぷり、万作さんと深田さんの冠者コンビも絶妙でしたが、
何しろ雨は上がったけと強風、二人で振り分けにして真ん中に吊るした筈の
お手紙は勝手に前に寄り(笑)、普通は扇子で扇ぐ「ハーフサイズお手紙」が
風に乗って勝手に飛び回り、「お返事」のオチよりそっちが気になってしまいました。

能「船弁慶」が始まる頃にはかなり冷え込みが強まってきました。
シテは宝生の若いお家元でしたが、低く響く声で年齢よりずっと年上のイメージ
でした(前シテ、後シテ共に面をかけているので、言わなければ年は判らないと
思われます)

夜桜能の席は毎年席のブロックもですが、舞台との視線途中にある桜の枝、篝火、
柱の場所などで席一つ一つ状況が違うため、正面と言って必ずしも良席でもなく、
脇でもピンポイントで見やすい場合があって毎年行ってみないと善し悪しが判ら
ないのですが、今年は凄い後方にも拘わらず、柱と枝と篝火の僅かな隙間から
船頭役・萬斎さんのお姿がしっかり見えてラッキーでした。


この日も、何によらずゆったりとした能の動きからすると信じられないスピードの
舟持っての出、「波よ波よ波よ波よ…しっ〜〜っ」の超高速運転が素晴らしかった
です。

肝心の桜は散り初めで、帰宅して洗髪したら、蕚片がバラバラ落ちてきました。

| | コメント (0)

2013.04.03

「靖国神社夜桜能(第一日)」@日比谷公会堂

「靖国神社夜桜能(第一日)」@日比谷公会堂

2階客席はるか後方からでもこれだけ見られるのですから、日比谷公会堂、見事。
この桜は、群馬からこの予備会場のために伐り出したものだと説明がありましたが
となると3日靖国神社実施だと誰にも見て貰えない年もあるのでしょうね〜

まずは舞囃子「高砂」
昼間歌舞伎座でも聞きまくった「神舞」の本家(笑)を幸弘さんのスーパー能管で
堪能。

次が確か直前までグッゲンハイムで「三番叟」踏まれていた萬斎さんと石田さん
高野さんの「千鳥」
萬斎さんは当然千鳥の肩衣。
萬斎さん太郎冠者「千鳥」は去年だったか越谷?でも見ましたが、萬斎さんが
今回お疲れか珍しく「津島祭」の次の「だんじり」あたりで一瞬セリフにつまり
沈黙したのでびっくりしました。
多分「能狂言ビギナー」さんたちには判らなかったと思いますが、ファンとしては
ヒヤヒヤ。
しかし最後の、毎度舞の海がかつてやった「猫だまし」みたいな一瞬技で樽を
getするスピードは凄かったです

狂言にしては長いせいもありますが、昼の歌舞伎座騒ぎで「人当たり」して疲れて
いたせいで萬斎さんの狂言でうとうとしてしまったので、能はすっぽり止めて
帰ってきました。(見てても間違いなく寝てる)

| | コメント (0)

2012.11.29

「野村狂言座」理由不明のイレギュラー休憩中

野村狂言座来場中。

裕基くんの可愛い山伏による「柿山伏」、萬斎さん演じる妻の教養の高さに石田
さん演じる夫が態度を改める、「箕被」、休憩を挟んで三宅右近家による珍しい
「不腹立」とスムーズにきていよいよお目当て12年ぶりの「木実争」と思ったら
いきなり「ここで20分の休憩」アナウンス。

囃子方も一番忙しい萬斎さんも既にお出になっている以上、どなたかの到着待ち
でもないかと思いますし、舞台照明もセットも不要の狂言舞台、何か舞台裏で
ハプニングでもあったのか…?説明ないため再開待ちです

| | コメント (0)

2012.11.28

「雙の会」を観る

宝生能楽堂。

石田さんと田崎さんの会。
今回は萬斎さん&石田さんの「内沙汰」
この曲、確か前に一度、萬斎さんの男、石田さんの妻で見たことがありますが
今回は逆の、石田さん男、萬斎さん妻キャスト。

ストーリーが結構不条理系だった記憶がありますが、結末をよく覚えていなくて、
ほぼ初見の気分で見ましたが、やっぱり結末は不条理というか、実は今でも「?」

金があるらしい知り合いと一緒に伊勢参りするのは、自分たちが貧乏くさくて
イヤだと言う妻ですが、さて彼女の本心は?
間に「裁判の練習」が挟まるのも不思議ですが、何よりラストに「お前、アイツと
出来てるんじゃないの?」と、夫が随分ストレートな捨て台詞をして終わるので
びっくりしました。

出来る友達を褒める妻に夫が苛立ったとも見えるし、長らくフツフツと内に秘めて
いた疑惑が爆発したのか、見た今までも良く解りませんでした。

ん〜。

休憩を挟んで能「葛城」
半分くらいは「落ち」相変わらず申し訳ない感じでした。

パンフレットに来年の早くも来春の「夜桜能」の告知が出ました。
萬斎さんは「船弁慶」のアイを含めて2日ご出演予定

| | コメント (0)

2012.11.23

「野村万作・萬斎狂言の会(夜の部)」を観る

大田区民プラザ

個人的にできるだけ見逃さないようにしている「宗論」がかかるので気合いを
入れて伺ったのですが、意外に空席があったのは、冬でみなさん昼の部にいらした
のかな。

夜の部には更に解説前にワークショップがありました。
考えたらワークショップ参加は勿論ないですし、近くで見るのも初めてでした。

指導は月崎さんと深田さん。
体験希望者は事前に申し込みしていたのか良く解りませんが、とにかく14人の
様々な年代の方が足元を足袋に履き替えて舞台に登場。
正座、挨拶、「このあたりの者でござる」の発声、構えとすり足の動き、更に
「宗論」の最後に出てくるのもあって、「なもうだ、なもうだ」の発声に、手を
打ち(受ける左手の位置を打つ度に左右に替える)、左手のあるのと逆の足を
上げる、と言うなかなか難易度の高い動きまで。
みなさん志願してなさっているだけにお上手でしたがさすがに最後の「浮き」は
妙なロボットみたいになったり手が入れ替わったりとなかなか大変そうでした。
どうやら予定は随分オーバーしたようでしたが、30分くらいでワークショップは
終了。
簡単な演目解説あっていよいよ「宗論」

今回は萬斎さんの浄土僧に高野さんの法華僧の配役。
最近は見ますが長らく法華がメインだった萬斎さんと(確か万作さんが浄土僧で
拝見した時は萬斎さん法華、全く歯が立たないって感じでした)高野さんですから、
深田さんは解説で「浄土僧はねちっこい」とおっしゃってましたが、この浄土僧は
やたらに元気、でした。
めちゃめちゃ面白かったのですが、難を言えば「なもうだ」と「南無阿弥陀仏」が
入れ替わるところが盛り上がり過ぎて、逆にあっさり終わってしまったところかも。
もう少し「なもうだ→南無阿弥陀仏」「南無阿弥陀仏→なもうだ」がビシッと
聞こえないと笑いづらいのと、その後の(大雑把に言うと)宗派で争う自体が
間違い、と言う謡の部分が微妙に腑に落ちない気がします。
(そもそも言葉が難しいので笑いづらいし)
しかしこの話を聞かせたい地域は世界のあちこちにあります。

休憩を挟んで「鎌腹」
万作さんの太郎の「自殺未遂バリエーション」(深田さん談)是非拝見したかった
のですが、人と待たせていたので休憩で退出させていただきました。
ごめんなさい。

| | コメント (2)

2012.11.21

「のうきょうげんの本」

国立劇場で子ども向けの「歌舞伎」「文楽」「能狂言」の冊子(ムックサイズ)を
売っていました。
「能狂言」の狂言の部分は国立研修所ご出身だからか、高野さんと深田さんが
メインで写真モデルをなさっています。
「井杭」の髭面陰陽師が萬斎さんに、シテが裕基くんに見えたのですが写真が
小さくて確信持てず。

オールカラーで500円は良心的。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧