カテゴリー「F1」の記事

2014.02.01

「ラッシュ」を映画館先行上映を見る

初回に行ってきました。
70%くらいの入りでしょうか。

やはり機内のミニサイズで見るのとはスケール感が全然違いました。
レースシーンはエクゾーストノートもですが、何より一つのピークとなるニュルブルク
リンクの事故シーンの緊迫感が半端無かったですし、続くニキの復帰レースラストの
日本グランプリのジェームスの入賞レースも素晴らしかった。
また機内は吹き替えでしたが、機体音やらで聞き取りづらいところがあった
(特に固有名詞)のが字幕でしっかり確認できたのが良かったです。
それにしてのあの熱い状況の中で、自らを省みずにニキを救い出した同僚のドライバー
たちの勇気もすごい。

音楽は大好きなジマーで盛り上がってましたねえ。

一つ惜しいと言えば、日本グランプリの冒頭の掲示、恐らく「立入禁止」とか
書きたかったらしいところに無茶苦茶下手な字で「規則」と書いてあったことか(苦笑)

どうやって撮影したのか、な、シーンも山ほどありましたが、とにかく年明けから
とびきりの映画に出会えました
今年は小林が復帰しますし、来年にはホンダが復活する予定なので、この映画で
F1の認知度が少しでも上がるといいんですけど。

| | コメント (0)

2012.11.05

ライコネン、アブダビGPで復帰後初優勝!

いや~待ってました、ライコネン復帰後初優勝。
やはり復帰したシューマッハが復帰後優勝しなかっただけに、ぜひキミには早い
ところ優勝して欲しかったし、シューマッハが今シーズンで「二度目の」引退を
するだけにシューマッハと同じステージで優勝と言うのは個人的には価値あり。
それにしても最下位から上がってきてきっちり表彰台に上がるベッテルは天才。
木曜日は「F1速報」絶対入手です

| | コメント (0)

2012.10.08

久しぶりにミーハーF1ファンとなる

昨晩から3回は鈴鹿フィニッシュを録画で見、今朝は一番にトーチューを買いに
行きました
(産経新聞も一面カラー、滅多にF1を採り上げない日経もモノクロ写真入り!)
まだ今シーズン一度も優勝してないキミがランキング三位と言うのも凄いハナシで
木曜日は「F速」購入忘れずに!

| | コメント (0)

2012.10.07

鈴鹿で小林が三位表彰台!

やっぱり「ホーム」の強みか、ここぞの鈴鹿で可夢偉が三位表彰台獲得!

リアルタイムを見られませんでしたが、夜のBSフジはシューミ最終鈴鹿も含めて
完全保存版といたします。

| | コメント (0)

2012.10.05

シューミ、2度目の「最後の鈴鹿」

あの年齢までF1現役でいられるとは、シューマッハはやはり凄いドライバーです。
今度は「永遠に引退」と言うのもちょっと何ですが(笑)

ここは一番、明日の予選でキミに頑張って頂いて、フェルナンドと3人、新旧
フェラーリドライバー三つ巴のテイル・トゥ・ノーズバトルなど拝見したいもの
です。

と言うか、やはりキミには現役のミハエルと競って今シーズン&復帰後初勝利を
飾って欲しい気がしますが。

| | コメント (0)

2012.06.26

F1ヨーロッパGP

アロンソ優勝、シューミ3位っていったい何年前の記事だろうくらい(笑)
5年ぶりに表彰台に立ったシューミ、43歳だそうで、シューミの才能、体力維持の
プロフェッショナル、経験で若さを上回ったと言え、またアロンソも同様ですが、
正直、若手もっと頑張らないと。

| | コメント (0)

2012.05.28

F1モナコGP

ミハエルが復帰後初のPPを取って、経験の差を見せつけたところから盛り上がり
始めた今回のモナコ(と言っても前レースのペナルティでミハエルは5グリッド
降格が最初から判っていたのですが)スタート直後に接触事故、途中で雨も降り、
今年これまでのGP中、一番緊張感のあったレースになりました。

結局ウェーバーが優勝、4位までがほぼテイル・トゥ・ノーズの団子状態でフィ
ニッシュの接戦、ラスト5周あたりからまた雨が降り出し、大変なレースでした。

注目されたミハエルは途中で電圧低下トラブルでリタイアしてしまいましたし、
キミはポイント獲得がやっとと精彩を欠きましたが、レースとしては面白かった
です。
しかし給油戦略がないレースってやっぱり個人的には物足りない。

| | コメント (0)

2012.04.30

久しぶりにF1誌購入。

「人とバトルがしたい」でF1に復帰したキミ・ライコネン、前回中国GPでは
タイヤを限界まで使い切ってしまい、スローダウンを余儀なくされる失敗をした
ため、やはり復帰すぐは難しいかと思っていたのですが、そこはさすがキミ、
今回のバーレーンではチームともどもかなり「学習」したようで、レッドブルの
ベッテルは抜きあぐね、優勝こそ逃しましたが、同僚のグロージャンと2-3
フィニッシュ。
先に復帰していたミハエルより早く、結果を出せて正直嬉しい(笑)
記念に久しぶりに「F1速報」購入しました。

それにしても、ハミルトン、アロンソ、ミハエル、キミ、バトン、ベッテルと
ドライバーズチャンピオン経験者が6人も現役ドライバーとしてコース上にいると
言うのは相当びっくりです。
と言って、経験だけがアドバンテージにならないのがF1の面白さ。
給油のストラテジーがないのがどうも面白みにもう一つ欠けますが、また暫く
土日の楽しみが復活です。

| | コメント (0)

2012.02.04

久しぶりに「F速」購入

2009年末以来のキミのF1復帰が決定と言う事で、「F1速報」が久しぶりにキミ
特集。
カレンダーが付録に付いていた事もあり、記念(笑)に購入。
2008年、2009年は正直ロクなレースをしていないため多分本当に久しぶりに
買う気がします。
いくらまだ30歳と言っても、帝王・ミハエルですら復帰後に目覚ましい活躍は
していない事、離脱期間にタイヤがピレリに、給油のためのピットインがなくなる
など、テクノロジーもレギュレーションも大きく変化している現状、キミがどこまで
やれるか、ファンとしては気を揉むところであります。

少なくとも日本的に言うところの「晩節を汚す」事はないと良いんですが。

| | コメント (0)

2011.11.29

キミ、F1復帰!?

2007年の奇跡のワールドチャンピオン、キミ・ライコネンの来季F1復帰の情報が
ネットを駆け巡っています。
本当だったら狂喜乱舞です。
キミが参戦していないのですっかりF1にはご無沙汰してますのでレギュレー
ションとか訳解んなくなってそうですが。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧